レインボーブリッジを封鎖せよ!

織田裕二主演
「踊る大捜査線 レインボーブリッジを封鎖せよ! 」
を見ました!

タイトルの『レインボーブリッジを封鎖せよ!』
とは、管轄が複数にまたがるレインボーブリッジを
いかにして封鎖するか、つまり、縦割り社会をいか
に超えるか、という意味が込められていて、メイン
のテーマとなっている。

ピラミッド型の官僚組織が、ゲリラ的な犯罪に翻弄
され混乱に陥る中、新たな体制が問題を解決してい
く(縦割り社会を超えていく)、という面白いストー
リーです。

新たな体制のリーダーが最初に発した言葉は・・・

「この地域の実態を教えてくれ。
 捜査員に関わらず、役職や階級も忘れてくれ」

「被疑者を見つけ次第確保だ。本部の命令を待たな
 くてもいい」

「全捜査員、聞こえるか。自分の判断で動いてくれ。
 本部への連絡は厳守。現場の君たちを信じる」

上司は、「責任を取る。それが私の仕事だ」といい、
部下は、自分で情報をあつめ、自分で考え、コミュ
ニケーションし、行動していくというものだった。

これらは、新たな組織のあり方を示していて、これ
から仕事をしていく上でのヒントになりそうです。


ちなみに、これは組織のお話でしたが、建築を造り
上げていく上でも参考になりそう!

建築にもいろいろなレベルで、たくさんの壁(縦割り
社会)が存在します。
日増しに急増している感じ!!!

あたりまえのことを、あたりまえに、進めていくた
めに(縦割り社会に埋もれないために)、目の前の建
築としっかり向き合わなくてはいけませんね・・・



TOP NEWS WORKS ABOUT Q&A CONTACT

BLOG MURA FUKUI
トラックバックURL : https://miaaa.exblog.jp/tb/11554424
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by miaaablog | 2009-07-19 11:10 | Book・TV・Movie | Trackback | Comments(0)