つなぐしかけ その3 リノベーション編

当事務所の設計する建築では、つなぐためのしかけ
をいろんなレベルで意図的に設けています。

何故つなぐと良いかについては、追々書くとして・・・

いろいろなつながりを仕掛けることで、家や暮らし
が、とても楽しい空間に変換されます!

建築というモノ(スペック)に対しての価値ではなく、
いかに心豊かに、ウキウキワクワクドキドキ暮らせ
るかという価値に対して設計することがとても大切
だと考えます!

もちろん、基本的な性能や求められた性能を満たす
ことは大切ですが・・・。

ということで・・・何回かに別けて、
心豊かに暮らすための!
ウキウキワクワクドキドキ暮らすための!
つなぐしかけを紹介していきます。

第3回目は、リノベーション編です。
f0165030_15151027.jpg

ここでは築37年になる住宅を、リノベーションし
ています。

リノベーションとは、単に古いものを新しくする
だけではなく、空間の質を一新して建物に新たな
価値を与えるという意味を持つ。

壊してしまったらただのゴミ!
隠してしまったら、奇麗にはなるが、新築を超え
ることはできない!

新築よりもローコストで、新築以上の新たな価値
観がつくれないだろうかと・・・

そこででてきたキーワードが「つながり」

時の流れを、リセットしたり、隠すのではなく、
流れを尊重すること(つながること)で、ヨーロッ
パの街並みにあるような、新旧が入り乱れた複雑
な厚みのある豊かな空間をつくり出そうと試み
ています。

リノベーションは、まさにつながりそのものです!



TOP NEWS WORKS ABOUT Q&A CONTACT

BLOG MURA FUKUI
トラックバックURL : https://miaaa.exblog.jp/tb/11679604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by miaaablog | 2009-08-07 05:50 | いろいろ2 | Trackback | Comments(0)