現場レポート M -House 土壌蓄熱式床暖房

f0165030_1631427.jpg

「M -House」では土壌蓄熱式床暖房
「サーマスラブ」
という暖房方式を採用
しています。

今日は、その電熱パネルの設置位置の確
認と通電試験の立会をしてきました。

検査は、問題なく終了。

次は、再度山砂をいれ、砕石・防湿フィ
ルムを敷設し、基礎を設けます。


ちなみに、土壌蓄熱式床暖房「サーマスラブ」
とは・・・

以下HPより

建物の地下部分にヒーターパネルを埋設
し、夜間電力を利用して地中に熱を伝え
ます。

すると地中の熱が大きな蓄熱層を形成し、
床面を通して24時間の放射(輻射)を
続けます。

この放射熱により室内の壁、天井、テー
ブルなどの固体表面温度が維持されて人
体にとって快適な環境を創り出します。

というもの・・・

イニシャル・ランニング共お手頃で、
メンテナンスフリーで、
機器が室内にでてくることがなく、
かつ床暖!
という魅力的な暖房設備です!

そもそも、土壌に熱を蓄熱して暖房設備
に使おうという発想の始まりが素晴らし
いですね!

決してメーカーの回し者ではありません
が、おすすめのシステムです!

f0165030_16383942.jpg




「たのしいけんちくを、もっと。」   
伊藤瑞貴建築設計事務所でした・・・

Mizuki Ito Architects Renovation Project [ s u s r e n o ]
mixi blog mura Fukui twitter
トラックバックURL : https://miaaa.exblog.jp/tb/14420973
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by miaaablog | 2010-08-18 16:46 | works - M house | Trackback | Comments(0)