福井県鯖江市で、パッシブハウスを考える。I-House編  [自然風利用(敷地環境)]

I-Houseでおこなったパッシブな
試みをちょっとだけ公開します!

詳しくは、下記をご覧下さい!!

今回は、自然風利用(敷地環境)編
です!!

f0165030_16512820.jpg


[建物の配置計画]
敷地が決まった段階で、近隣の建物をモデリングし、その地域の卓越風を調べ、敷地内にどのような風が流れるかシュミレーションをおこなう。

今回の敷地では、南北に風が流れ、敷地の北側に大きな畑が広がっていたことや、敷地南側に大きな庭を設けることができたため、南北の緑地を通過した涼しい風を室内に取り入れる計画とし、東西に細長い配置とした。

f0165030_1648433.jpg

①南北に風の通りを邪魔する建物がないことから、敷地内では充分な通風が期待できる。
②敷地西側のアパートがウインドキャッチャーになり、敷地内に風が廻ってくることがわかる。

f0165030_1725834.jpg



パッシブな建築を考える。I-House編  [自然風利用(敷地環境)]

パッシブな建築を考える。I-House編  [自然風利用(風の循環)]

パッシブな建築を考える。I-House編  [日射取得・日射遮蔽]

パッシブな建築を考える。I-House編  [断熱・気密・昼光利用]

1年間の光熱費の報告がありました。
トラックバックURL : https://miaaa.exblog.jp/tb/20499370
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by miaaablog | 2013-10-02 19:50 | パッシブハウス | Trackback | Comments(0)