■trips Swiss 006 Chur-Vals

f0165030_14472534.jpg

3日目。
クールを出発し、山道を車で登ること1時間くらいで目的地周辺到着。
天候は雪で、積雪5cmくらい。
足を踏み外すとちょっと恐い坂道を10分くらい下った所に最初の目的地がありました。



f0165030_1442327.jpg

f0165030_144245.jpg

f0165030_9313274.jpg

個人住宅 Gugalun House(1994)。
「グガルン」は月を見上げるという意味。
この地方では大きな木の梁を組み合わせた校倉造りを「strickbauten」(編まれた建築)と呼んでいるそうで、今回のグガルン邸では「編み込むこと」あるいは「編み足すこと」が設計の主題になったそうです。



f0165030_10303159.jpg

f0165030_10302012.jpg

f0165030_1030325.jpg

続いて、スンビッツ(標高1270m)にある聖ベネディクト教会(1989)へ。
こちらも天候は雪。15cmくらいの積雪でした。

雪崩によって崩壊した教会を再建したもので、雪崩を防ぐために森林を背に教会が建設されたようです。
(もしかすると、葉っぱ型or水滴型のプランも雪崩を考慮してのものか・・・)
この地域の伝統的な木材(カラマツ)を用いたつくりで、木肌葺きの外壁が経年変化により美しく変色し、周辺環境にうまく溶け込んでいました。
また、内部ではハイサイドから入った光が銀色に塗られた壁に反射してゆらぎ(うまく表現出来ない!!)のある豊かな空間をつくってていました。このゆらぎ使った手法(と、勝手に名付けてますが・・・)は、他のプロジェクトでも時々使われているのですが、なかなか写真では伝わらないのが残念。
そして、白木でつくられた家具もほんとよかった!R面のとり方が絶妙。3〜6Rくらい(多分)をうまく使い分けてました。



f0165030_912757.jpg

f0165030_913215.jpg

続いて、ヴァルスへ。
テルメ バルスに向うと思っていたら、近くのズントーさん設計の別荘へ。
ハンドルを切り損なうと谷底まで滑り落ちそうな細い雪道を蛇行しながら登った所にありました。
標高は1526m。
個人旅行では、絶対に来れない場所でした・・・

続いて、テルメ ヴァルスへ続く・・・



■trips Swiss 001 digest
■trips Swiss 002 vitra & riehen & basel
■trips Swiss 003 Herzog & de Meuron
■trips Swiss 004 Bregenz-Chur
■trips Swiss 005 Chur
■trips Swiss 006 Chur-Vals
■trips Swiss 007 Therme Vals
■trips Swiss 008 Vals-Haldenstein-Zurich-Koln
■trips Swiss 009 Bruder Klaus Field Chapel
■trips Swiss 010 Kolumba Art Museum of the Cologne Archdiocese



たのしいけんちくを、もっと。
伊藤瑞貴建築設計事務所でした・・・


住所:福井県坂井市春江町千歩寺6-46-1
電話:0776-51-0993
小冊子お申し込み・お問合せ・オープンハウス申し込み


Mizuki Ito Architects
伊藤瑞貴建築設計事務所のホームページです。
会社概要・プロフィール・Q&A・設計実績・お問合せなどはこちらから。

Renovation Project [ s u s r e n o ]
リフォーム・リノベーションについて詳しく知りたい方はこちらから。

facebook
いろんなことをほぼ毎日つぶやいてます。。。
トラックバックURL : https://miaaa.exblog.jp/tb/21206903
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ame-no-michi at 2014-01-08 08:18
2枚目の写真。横とたてのラインが綺麗ですね。
雪止め・軒とい・庇  考えさせられます。
by miaaablog | 2014-01-08 08:00 | 見てきましたSwiss | Trackback | Comments(1)