11/3.4は東京へ

11/3.4は東京へ。

まずは、原美術館へ・・・
と思ったのですが、いつものごとく駅からの距離が遠くて断念。
一度は行ってみたいと思うのですが、今回も行けなかった。
李禹煥を見たかったのだが、建築展を優先。

f0165030_1205658.jpg

改めて、まずは、ザハ・ハディド展へ。
ザハの初期から現在に至るまでの作品を展示した展覧会。
ザハの造形力は、本当素晴らしく、どのプロジェクトもとても魅力的でした。
しかし、新国立競技場はちょっと残念。
ザハの良い部分が、ほとんど残ってない。
いろいろ大変なのでしょうが、投げ出さないで最後まで粘ってほしい。
f0165030_11572592.jpg

続いて、新宿での乗り継ぎついでに竹山聖さん設計の新宿瑠璃光院 白蓮華堂へ。
ふらっと外観だけ見てこようと思ったところ、お気軽にお立ち寄り下さいとの看板。
お気軽に立ち寄ったところ、ご住職に丁寧に案内していただいた。
おまけに現代音楽を聴きながらの座禅体験まで!
雑多な街の研ぎ澄まされた空間での貴重な体験でした。
社会とお寺のつながりをいろんなところで必死に再構築しようとしている姿が見えてくる。
宗派は、我が家と同じ浄土真宗。
こんなお寺なら何度も訪れたい!

続いて、「磯崎新 12×5/60」展へ。
ワタリウムへ向う途中に、ちょっと道に迷ってしまったところ、路地の向こうに妹島さんの小さな家を発見!
いつものごとく、あやしまれない雰囲気を醸し出しながらの見学。
ちょっとラッキー〜!

そして、磯崎展。
会場に入ったところ、「〈鳥小屋〉と呼ばれている軽井沢の書斎」の原寸模型に入れる受付がはじまった。
こちらもラッキー!
落ちても責任はご自身でという誓約書にサインして鳥小屋へ。
危ない階段の効果でしょうか・・・宙に浮かんでいるような書斎でした。
いずれ福井の山の中にあんな小屋を建ててみたい。
展示については、ノーコメント。
f0165030_11575078.jpg

f0165030_11575180.jpg

f0165030_11575072.jpg

続いて、TOKYO DESIGNERS WEEK2014へ。
昨年のTDWにはガッカリ。
でも今年は建築展も多いということで再度行きましたが、感想は昨年と同じ。
入場料高っ!&得るものが少ない・・・多分もう行かないかな・・・。
田舎者の肌にはあわないのかな・・・
緑のあるダイニング&お風呂。あと、生茂木健一郎にあったことが収穫。笑!


二日目。

東京に行くといつも思うのだが、東京の朝は動き出すのが遅過ぎる。
いろんな展示が11時からしか始まらないなんてありえない。
f0165030_11581720.jpg

f0165030_11581799.jpg

カフェでまったりとなんて出来ないので、開店前の「SunnyHills」(設計:隈研吾)へ。
小さな建築だけあって、破綻しているところがほとんどなく、とても良い。
今度は、開店している時間に!!
f0165030_12463.png

続いて、G展。
主に建築を中心に見てきました。
G展のいいところは、研ぎすまされた考え方以外のこともしっかりと評価してくれるところ。
建築家は、もっといろんなモノサシで評価されるべきだと思う。
G展をみながらいろいろとひらめいたこともあったので、ちょっと行動に移してみよう。
f0165030_11584413.jpg

f0165030_11584596.jpg

続いて、「伊東豊雄展 台中メトロポリタンオペラハウスの軌跡 2005-2014」展へ。
建築家の発想力もすごいが、現場の頑張りがすごい!
伊東「グランドオープンの時には、いっしょに祝杯をあげましょう!」と言われた時の現場所長の笑顔がとてもステキでした!
ものづくりの楽しさがわかる良い展示!
ゼネコンに就職する方必見です。

続いて、「建築のこころ アーカイブにみる菊竹清訓」展へ。
スカイハウスの模型に萌え〜!&長谷川逸子さん等がでているムービーが面白かった。
隣の岩崎邸もじっくり見てきたいところでしたが、今回は断念。。。
f0165030_1159338.jpg

続いて、森鴎外記念館(設計:陶器二三雄)へ。
素材感のある凛とした建築。素材の使い方は、ちょっとズントーぽくて好き。
正面のルーバーが内部でどのようになっているのかを楽しみに入館したが、どうにもなっていなくて残念。
上下のつながりや庭とのつながりが少なく、一つ一つが完結していて若干面白さに欠ける。

続いて、日比谷花壇(設計:乾久美子)へ。
内部でありながら外部のような空間を目指した建築。
でも、販売している観葉植物が鉢に入っているため、どうしても内部っぽく見えてしまう。
この前見た前田圭介さんの建築のすごいところは、この辺をうまく消していたためだ!ということをこの建築を見て発見した!

最後は、子供へのお土産。
何故か妖怪ウォッチではなく高級カステラを買って来てという小3長男。
高級カステラを探すこと40分・・・体力も限界に達したところでバームクーヘンを購入。
っと思ったら、すぐ近くでカステラを発見しました。
これからお土産のリクエストは聞かないことにします。

充実した2日間でした!!



たのしいけんちくを、もっと。
伊藤瑞貴建築設計事務所でした・・・


住所:福井県坂井市春江町千歩寺6-46-1
電話:0776-51-0993

設計相談会(無料)のお申込み
小冊子(StyleBook)のお申込み
オープンハウスのお申込み


Mizuki Ito Architects
伊藤瑞貴建築設計事務所のホームページです。
会社概要・プロフィール・Q&A・設計実績・お問合せなどはこちらから。

メールマガジン
オープンハウス(住宅内覧会)の情報を中心に配信いたします。

[ happiness ]
北陸地方の気候風土に適した、ロングライフデザインなフルオーダーハウスの提案です。

[ S3 ]
3つのSがある、1000万円台から始めるセミオーダーハウスの提案です。

[ susreno ]
リフォーム・リノベーションについて詳しく知りたい方はこちらから。

facebook
いろんなことをほぼ毎日つぶやいてます。。。
トラックバックURL : https://miaaa.exblog.jp/tb/23233361
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by miaaablog | 2014-11-05 14:12 | 見てきましたArchitects | Trackback | Comments(0)