土間のある家 その2 「もぉ〜寒いなんって言わせない!」

f0165030_18580530.jpg
f0165030_18580637.jpg

先日のブログで、土間付き住宅は・・・

・蓄熱容量の大きい土間に冬の日射を溜め込むことができる。
・夏はヒンヤリして気持ち良い。
・温度変化の少ない安定した環境。

と書いたのですが、本当にその通りになるか計算してみました。

先日地鎮祭をおこなったH Houseを参考に、
蓄熱量の大きい住宅と小さな住宅を比較したところ、
蓄熱量の大きい土間付き住宅の結果が想像以上に良くて、びっくりしました!

計算結果は、床面積あたり熱容量 196.46 kJ/㎡Kとなり、
これをもとに、室温シミュレーションをおこなてみたところ・・・
f0165030_16322560.jpg
(左:蓄熱量 小)(右:蓄熱量 大)(ライン黄色:室温)(ライン赤色:外気温)

冬季の最低室温
土間付き住宅が朝6時で16℃程度なのに対して、
土間なし住宅は朝6時で13℃程度。

夏季の最高室温
土間付き住宅が夕方6時で33℃程度なのに対して、
土間なし住宅は夕方6時で37℃程度。

土間があることによって冬暖かく、夏涼しい家になっていることが一目瞭然!
冬の寒さや夏の暑さを3〜4℃程押さえる(安定させる)ことができます。

冬の日射を蓄えることができる、室温を安定させることのできる土間のある家。
そして、自然とつながる、田舎暮らしが楽しめる土間のある家!
もぉ〜寒いなんって言わせない!!笑



たのしいけんちくを、もっと。
伊藤瑞貴建築設計事務所でした・・・


住所:福井県坂井市春江町千歩寺6-46-1
電話:0776-51-0993

設計相談会(無料)のお申込み
小冊子(StyleBook)のお申込み


Mizuki Ito Architects
伊藤瑞貴建築設計事務所のホームページです。
会社概要・プロフィール・Q&A・設計実績・お問合せなどはこちらから。

[ +happiness ]
北陸地方の気候風土に適した、ロングライフデザインなフルオーダーハウスの提案です。

[ Basic ]
標準化により実現した、低価格で高品質なセミオーダーハウスの提案です。

[ susreno ]
リフォーム・リノベーションについて詳しく知りたい方はこちらから。

[facebook]
仕事のこと、家族のこと、趣味のことなど。

[facebook Page]
現在進行中のプロジェクトの最新情報はこちらから。

トラックバックURL : https://miaaa.exblog.jp/tb/29679598
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by miaaablog | 2018-03-27 16:37 | パッシブハウス | Trackback | Comments(0)