■北欧近代建築を巡る旅 アールト&アスプルンド 1日目 朝の散歩

北欧近代建築を見るために、スウェーデンとフィンランドに行ってきました。

撮影した写真枚数は、合計3000枚。

旅行中は、あまりにも素晴らしい建築をたくさん見過ぎて、完全に消化不良状態でしたが、写真を整理しながら咀嚼していきたいと思います。

帰宅後から仕事に追われ、どのくらいでまとめられるか全く想像がつきませんが、少しづつUPしていこうと思います。




■スウェーデン ストックホルム 初日の朝の散歩


朝靄の中徐々に姿をあらわすストックホルムの街並み。

Google mapに助けられながら街の中心部にあるストックホルム市庁舎を目指す。

途中細い路地が交錯する魅力的な古い町並みがあったため、Googleに逆らいならが細い路地を突き進む。

と思ったら、るるぶに出ていたガムラスタンの広場があらわれた!

ガムラスタンとは、王宮や歴史的な教会が小さなエリアに集まっているストックホルム発祥の地。

魔女の宅急便のモデルにもなった街で、高い塔を持つ教会やカラフルな街並みが見所です。

ツアーコースにも組み込まれているガムラスタンに先に行ってしまうとは・・・

ちょっと散歩コースを間違えたかな・・・




f0165030_11214747.jpg


f0165030_11214037.jpg


f0165030_11214648.jpg


f0165030_11214296.jpg


f0165030_11214161.jpg


f0165030_11214342.jpg


f0165030_11214488.jpg


f0165030_11214460.jpg


ストックホルムの街を歩いていて印象的なのが、自転車の多さ!

3年前の台湾旅行では、スクーターの多さにびっくりしたが、ストックホルムの自転車量もハンパなかった!

スウェーデンでは、トラム・自転車・徒歩によるまちづくりを積極的に進めているようで、自動車税は高く、道路も自動車を排除し、自転車・徒歩優先につくり替えているのだとか。

街のいたるところで工事をしていたが、それらも自転車・徒歩優先の工事とのことでした。


業界団体のまちづくり委員会というところに所属していて、いろんな全国のまちづくりの取り組みを聞いているが、ストックホルムの事例を見てしまうとどれも小さすぎる・・・

国の大きな理念のもと、街の構造が大きく変わっていくって本当すごい!

今更だけど福井にも素晴らしい理念をもった強いリーダーがでてこないかな・・・



■北欧近代建築を巡る旅 アールト&アスプルンド 1日目 朝の散歩



たのしいけんちくを、もっと。
伊藤瑞貴建築設計事務所でした・・・


住所:福井県坂井市春江町千歩寺6-46-1
電話:0776-51-0993

設計相談会(無料)のお申込み
小冊子(StyleBook)のお申込み


Mizuki Ito Architects
伊藤瑞貴建築設計事務所のホームページです。
会社概要・プロフィール・Q&A・設計実績・お問合せなどはこちらから。

[ +happiness ]
北陸地方の気候風土に適した、ロングライフデザインなフルオーダーハウスの提案です。

[ Basic ]
標準化により実現した、低価格で高品質なセミオーダーハウスの提案です。

[ susreno ]
リフォーム・リノベーションについて詳しく知りたい方はこちらから。

[ +Archi ]
オフィス・クリニック・ショップについて詳しく知りたい方はこちらから。

[facebook]
仕事のこと、家族のこと、趣味のことなど。

[facebook Page]
現在進行中のプロジェクトの最新情報はこちらから。

トラックバックURL : https://miaaa.exblog.jp/tb/30062356
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by miaaablog | 2018-09-22 12:10 | 見てきました北欧 | Trackback | Comments(0)