人気ブログランキング |

国立新美術館

国立新美術館を見る。
設計は都知事選にも出馬した黒川紀章氏。

最大の見所は、波打つ透明なファサ−ドによって囲われた内部のアトリウム空間。
美しい緑や六本木エリアのダウンタウンと連続し、気持ちいい空間となっています。

この自由な空間に対抗するかのようにつくられているのが、巨大な展示スペース。
どうしてこの案がOKになったの!?というくらいシンプルなプランになっている。

いろいろ調べると・・・

この美術館は、いわゆる収蔵品を収集する美術館ではなく、公募展や企画展のためのギャラリーとして考えられているそうだ。

日展などの巨大な公募展では、地下の作品搬入場所において流れ作業で審査が行われ、入選作品のみが選別され、そのままリフトで各展示ブロックへ運ばれて展示される。

シンプルなプランの理由は、それらの審査、選別、保管、展示がスムーズにおこなえるように、機能的に計画された結果だ。

自由な空間と超機能的な展示室、圧倒的なスケールに感動しました。




国立新美術館_f0165030_1211992.jpg

トラックバックURL : https://miaaa.exblog.jp/tb/7976977
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by miaaablog | 2007-09-21 11:27 | 見てきましたArchitects | Trackback | Comments(0)