人気ブログランキング |

国立国際美術館

国立国際美術館を見る。

もとは大阪郊外の万博公園内にあった美術館だったが、老朽化にともない中之島に移転してきたそうだ。

まず、目に飛び込んでくるのが、竹林のようなステンレスパイプのモニュメント。
エントランスゲートと呼ばれるステンレスパイプの群れが置かれ、この内側にガラスのホールが配されて美術館の入り口となっている。

エントランスゲートは、現代美術の発展をイメージした有機的な形態のモニュメントとして、広場を彩ると同時に人々を美術館へと誘うシンボルとなるよう計画されている。
地上部分は公共広場として完全に解放されおり、そこに建築らしきものはなく、モニュメントのみが、でかでかともうけられている。

感想はというと・・・

モニュメントがあまりにも大きすぎるのがきになった。
帰り際にまたこのオブジェを見ると思うと、観賞後の余韻などふっとんでしまうのではないだろうか。

また、内部に入るとモニュメントとは対照的なつくりで、いたって平凡。
というか、モニュメントが強すぎて平凡にみえてしまい、地下に進むにしたがった、なんだか物足りない感じがしました。

アートを包み込む場をつくるのが建築の役割だが、建築でアートをつくってしまったところに、この建物の問題がある。
新しいことを試みた結果だとは思うが、なんだか理解しがたい建築でした。

帰りに地下のレストランで、「名物!フォアグラ丼」を食べてきました。
こちらはモニュメント同様の力作でした!!!
国立国際美術館_f0165030_14455321.jpg
国立国際美術館_f0165030_1446762.jpg

トラックバックURL : https://miaaa.exblog.jp/tb/7977725
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shima330 at 2008-05-18 23:40
こんばんは、はじめまして。ぶろぐ村のトラコミュから来ました^^
過去記事へのコメントで失礼します。
国立国際美術館への感想が・・・まさしくその通りで!
私は大阪在住なのですが、大阪の誇るべき美術館として(比較的)新しく建てられた美術館がこれで、建築好き大阪人としてはガッカリなのです。
プロの方が見られてもやはりそういう感想なのですね。
Commented by miaaablog at 2008-05-20 09:45
本当そうですね!!!

それより、ブログの写真すてきですね!
アアルトの本屋さんがすばらしい!
by miaaablog | 2007-08-26 14:56 | 見てきましたArchitects | Trackback | Comments(2)