人気ブログランキング |

イサムノグチ展

東京都現代美術館で行われているイサムノグチ展にいってきました。

最初に出迎えてくれるのが、「2mのあかり」。家具屋さんでよく見かけるakariとは違って巨大で、柔らかい光が部屋全体に広がっています。どこかあたたかく、ほっとするような、やさしいあかりが見る人の心に安らぎをあたえます。

次は「グレゴリー」。薄い板で様々な形をしたたくさんのパーツをつくり、それを組み合わせてつくった作品。見る角度やパーツの種類によっていろいろなモノに見えてきます。

そして今回の目玉「エナジーボイド」と「モエレ沼公園」。

「エナジーボイド」とは、真ん中に穴のあいた、とても大きな石の彫刻。見る角度や時間によって違った表情を見せます。作品への感動もありますが、17tもある作品をよく運んできたなーと、感心してしまいました。

「モエレ沼公園」は札幌市に今年完成した公園です。公園にはピラミッドや古代の遺跡のようにたくさん石を並べただけの階段や、滑り台等の遊具もたくさんおいてあります。
この公園は、仕事の依頼があってから発想したものとはちがい、イサムノグチが長年夢見ていたものらしく、ようやく晩年になって実現したプロジェクトと知り、大変驚きました。

簡単に夢をあきらめてはいけないということをよく言うが、なかなか何十年もの間夢を抱き続けることはできません。

「大地を彫刻する」という夢をあきらめず、自分を生きてきたイサムノグチに大変感動しました。
イサムノグチ展_f0165030_15555533.jpg

トラックバックURL : https://miaaa.exblog.jp/tb/7978107
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by miaaablog | 2005-10-29 15:54 | 見てきましたArt | Trackback | Comments(0)