人気ブログランキング |

荒川修作

荒川修作設計の、志段味循環型モデル住宅を見学してきました。

志段味資源循環モデル住宅は、愛・地球博(平成17年3月〜)開催に合わせて、名古屋市と名古屋市住宅供給公社が荒川修作+マドリン・ギンズの構想をもとに建設しているものです。

住宅は平屋1棟と2階建て3棟をデッキで接続し、なだらかな起状をつけた敷地中央に共同スペースを設けてコミュニティー形成を図っています。
ここは荒川+ギンズの提唱する宿命反転住宅と環境首都を目指す名古屋市にふさわしい環境配慮に対する取り組みがひとつになった循環型タウンハウスです。

A棟を設計した荒川氏は「私がデザインした建築空間で生活すると、普段とは違う体の動きをしなければならない。体を動かすうちに活力が生まれ、今までとは違った意識や新しい感覚が芽生えてくる。(日経アーキテクチュア)」とのこと。

普通設計をするときには、人の行動を予測して、快適な環境をつくるものですが・・・
その結果、快適すぎる環境ができ、活力が失われているとしたら本末転倒です。

段差だらけのA棟内部で、子供たちが生き生きと走り回る姿を見ていると、人間として本来必要とする空間とは何か、という問題を考えさせられます。

荒川修作_f0165030_168209.jpg

トラックバックURL : https://miaaa.exblog.jp/tb/7978198
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by miaaablog | 2005-09-28 16:06 | 見てきましたArchitects | Trackback | Comments(0)