人気ブログランキング |

あたりまえのことをあたりまえに

年々、日本のプロ野球がおもしろくなくなってきている。
その理由は、メジャーリーグへの日本人選手の流出ということがよく言われるが、本質はもっと深いところにあるように思う。

おもしろくない理由のひとつとして、野球場のドーム化がある。
ドーム化された球場では雨で中止になることはなく、日々淡々と試合が消化されていく。
また、球場の天然芝は人工芝にはりかえられ、イレギュラーのない奇麗な球場になった。

しかし、それらがおもしろい野球につながっているかというと、はなはだ疑問だ。

最近、メジャーリーグの野球場では、人工芝から天然芝への回帰が進んでいるそうだ。
人工芝にしたらファンが減り、天然芝にしたらファンが増えたらしい。
天然芝の球場は、選手への負担を軽減し、攻守にわたって思いきったプレーができる環境をつくり、多くのファインプレーを生む源となっているそうだ。

ファンとしては怪我を怖がった安全なプレーよりも、思い切ったプレーを見たいものだ。
メジャーリーグでは、いかに選手達に楽しくプレーさせるか、いかにファンに楽しんで帰ってもらうか、という当たり前のことを当たり前に考えることで、収益につなげている。

日本のプロ野球が、おもしろくない最大の理由は、本質を見失ったことにある。
あたりまえのことをあたりまえに追求しない限り、選手の流失を止めることはできないだろう。
トラックバックURL : https://miaaa.exblog.jp/tb/7986426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by miaaablog | 2007-04-30 15:28 | いろいろ1 | Trackback | Comments(0)