2009年 12月 16日 ( 1 )

寄稿しました.

福井県建築士会『福井支部ニュース』「建築士とし
て21世紀に思うこと」に寄稿しましたので、同様の
内容を掲載します。 

こういうのは、ブログと違って気軽に書けないので
結構時間がかかります。

来年は、誰からもお願いされませんように・・・拝(笑)

以下、寄稿文で〜す。

 1995年に放送されたニュース番組の中で、インタ
ーネットというネットワークがあることを初めて知った。
その番組の中で紹介されていたのは、大学の研究室
に置いてあるコーヒーメーカーがインターネットを使
ってライブ中継されているというもの。コーヒーの残
量が少なくなると、「少なくなってきましたよ」というメ
ールが世界中から送られてくるという内容だった。
これらがどういうものかは、当時の私には全く理解で
きなかったが、ニュースキャスターが「これからは、個
人が情報を発信する時代になるようです」と言ってい
たことだけは、今でも鮮明に覚えている。

 それから15年。インターネットは、日常の暮らしの
中で、また仕事を行なう上で、なくてはならないもの
になってきた。単に調べものをするだけではなく、
YouTube、ポッドキャスト、スカイプ・・・暮らしや仕事
を楽しく便利にしてくれる。

 そんな無限の広がりを見せるインターネットですが、
ブログやホームページを使ってこちらの情報を発信す
る機会も多くなってきた。情報を発信していて感じる
ことは、自分たちが思っている以上に、我々の職業
が理解されていないということだ。また、特性(差別化)
がしっかりと示されていないと、情報は発信しているが
誰も見に来てくれないという状態になる。

 これからは、この特性(差別化)をしっかりと捉えて
いくことが、とても大切になってきているように思う。
私にしかできないことは何か、建築にしかできないこ
とは何か、それぞれの地域でしかできないことは何
か・・・、建築士という職能からもう一歩進んで、社会
貢献できる特性(差別化)をしっかりと磨かなければ、
単なる「箱作り屋」になってしまうのではないだろうか。 
様々なレベルで「・・・しかできないこと」を大切にし
ていきたい。



TOP NEWS WORKS ABOUT Q&A CONTACT

MAIL MAGAZINE MAIL BLOG M FUKUI mixi

「たのしいけんちくを、もっと。」   
伊藤瑞貴建築設計事務所でした・・・
by miaaablog | 2009-12-16 07:00 | Memo・講演会 | Trackback | Comments(0)