人気ブログランキング |

2010年 06月 14日 ( 2 )

超ローコストで、たのしいいえ! _f0165030_13525964.jpg

「hostel64」というホテルに宿泊
してきました。

1964年に建てられたレトロなビルを、
事務所からホテルにコンバーションした、
お手頃価格の宿泊施設。

部屋のタイプは、和室・洋室・ドミトリ
ーまで多様なタイプがあり・・・

今回は思い切って!(違った意味です
が・・・)、1泊3300円のドミトリー(相
部屋)に宿泊してきました。

薄いペラペラの間仕切壁とカーテンの
出入口、持ち運び可能なセイフティー
ボックス(ありえない)・・・

カプセルホテルとユースホステルの中間
くらいの開放的なつくりに、最初はどう
なることかと思いましたが・・・

想像以上に楽しい一時を過ごすことがで
きました!!!

そもそも一般的なホテルにチェックイン
すると食事以外はほぼ部屋内で完結し
ますが、ここは寝るとき以外は部屋の
外へ出ていかないと成立しない構成に
なっています。

食事もTVもWCもシャワーも・・・
全部外。

でも、これが結構面白くって・・・

いろんな人とのコミュニケーションがあ
ったり、普通のホテルではないような
大きなTVがあったり、バーがあったり、
いろんなタイプのシャワーに入れたり、
ロビーでいろんな本が読めたり、屋上に
上がれたりと・・・

シングルでTVを見ながらビールを飲む
しあわせとは違った豊かさがありました!

また、みなさんマナーが素晴らしく、
普通のホテルよりも静かでした・・・
(イビキは聞こえましたが・・・)

多分、体感したことはありませんがシェ
アハウスの魅力と同じようなものかな〜
なんって思いました。


そして、このなんだかゆるくてつながり
のある楽しげな感覚は、これからの住宅
においても充分取り入れられるものでは
ないかと思います。

特に子供部屋なんかは、この程度でも
充分かと・・・

いろんな壁を取り払い、余分な面積を
どんどん削り、一人一人が家全体をつか
って生活できるような家ができれば、
今回の宿泊料金のような超ローコストな
住宅がつくれるのではないかと思います。
(キムタクのやっているローコストとは
違います・・・)

このゆるい感じ + 今回のmokスクール
なにか新しい住宅ができそうな予感です!


超ローコストで、たのしいいえ!

どなたか建ててみませんか!!!

(リフォーム&リノベーションでも面白
いことができそうです・・・)



「たのしいけんちくを、もっと。」   
伊藤瑞貴建築設計事務所でした・・・

Mizuki Ito Architects Renovation Project [ s u s r e n o ]
mixi blog mura Fukui twitter
by miaaablog | 2010-06-14 14:09 | いろいろ2 | Trackback | Comments(0)

大阪へ・・・

週末は、mokスクールで大阪へ行って
きました。

木造について勉強するセミナーで、全9
回、毎月1回開催で、12月までおこな
われます。

講師の先生は、第一線で活躍されている
素晴らしい人ばかり!

大学の授業とは違って、実務でつかえる
話がおおく、メチャクチャ参考になります!

今回もすばらしい講師の方々から実務
で使えるいろんな話を聞くことができま
した。

とくに、「木造住宅の防火性能」の話は
とてもためになりました。

22条地域でも軒裏を木にできるとか・・・
火気使用室でも天井を木にできるとか・・・
木造の準耐火建築が簡単につくれるとか・・・

目から鱗!連発です。。。


そして、帰りにはいつものごとく、建築
見学ツアー&家具屋さんめぐりへ

大阪へ・・・_f0165030_927916.jpg


司馬遼太郎記念館 設計:安藤忠雄
(mok(木)の帰りに、なぜコンクリート
と・・・つっこまれそうですが・・・)
D&DEPARTMENT PROJECT OSAKA
flame
IKEA
graf
truck-furniture
・・・へ行ってきました。

みなさん、すごいです!&がんばってま
すね!

今回は、全てアタリ!!!

よいエネルギーをもらった、大阪研修で
した。

また、来月がたのしみです。。。



「たのしいけんちくを、もっと。」   
伊藤瑞貴建築設計事務所でした・・・

Mizuki Ito Architects Renovation Project [ s u s r e n o ]
mixi blog mura Fukui twitter
by miaaablog | 2010-06-14 09:31 | 見てきましたArchitects | Trackback | Comments(0)