f0165030_09431747.jpg
 いよいよ福井の冬らしいお天気になってきました。はやく雪山に出かけたくてウズウズしている、スタッフのもとおかです。

 2015年11月より継続している「所内ミーティングでミニプレゼン」ですが、今年最初のプレゼンは「新年なので明るい話題で!」という所長のリクエストがあったので、私は照明の色(その「明るい」じゃない?!)について調べてみました。

 現代の生活においてなくてはならない照明設備。光源の種類(LED・蛍光灯・白熱灯など)も技術革新が日々進み、様々な目的で使用されています。実際の照明には光源の種類の他に「演色性」(色の見え方の良い特性を持つ度合い)、「色温度」(赤みがかった光か青い光か)、「照度」(照らされている明るさ)、器具の形状、照明方法など様々な要素が複雑に絡み合っています。

 当事務所では、住宅の設計の際には「電球色」の光を出す照明器具をご提案していますが、中には「キッチンや書斎は昼白色で」とご希望されるお客様もいらっしゃいますし、私自身もお料理は昼白色の照明の方がしやすいと感じています。もちろんこれまでの生活経験によるところも大きいと思いますが、使いやすさやお客様の希望と住宅全体の統一感や雰囲気・デザインの狭間で、個人的に悩ましい点でした。

 そこで、色温度=照明の色が私たち人間の生理現象にどのような影響を与えるのかという事に興味を持ち、調べることにしました。
 下の表は、いくつかの生活のシーンで、照明の色によってどのような影響があるかを比較したものです。

f0165030_09420973.jpg
 私たちは知らず知らずのうちに照明の影響を受けていて、快適に・健康に暮らしていくためには、単に「明るければよい」ということだけではないことがわかります。驚いたのは、味覚にまで影響があることでした。だから、繊細な味を見極める必要のあるラーメン屋さんの厨房は昼白色の照明が適しているのですね!また、照明の色によって実際の体感温度が違っていることも発見でした。夏は青白い照明、冬は暖かい色の照明と照明器具を衣替えすることで省エネにつながるかもしれません。

 家庭のキッチンはラーメン屋さんではありませんので、どこまでこだわるかは個人の感覚や考えによって違うと思いますが、近年は昼白色と電球色を切り替えられる照明器具も発売されていますので、同じ場所でもシーンに合わせて、あるいは季節に合わせて照明の色を選んで生活していくことで、より健康的で豊かな住まいになるのではないかな、と感じたミニプレゼンでした。



たのしいけんちくを、もっと。
伊藤瑞貴建築設計事務所でした・・・


住所:福井県坂井市春江町千歩寺6-46-1
電話:0776-51-0993

設計相談会(無料)のお申込み
小冊子(StyleBook)のお申込み


Mizuki Ito Architects
伊藤瑞貴建築設計事務所のホームページです。
会社概要・プロフィール・Q&A・設計実績・お問合せなどはこちらから。

[ +happiness ]
北陸地方の気候風土に適した、ロングライフデザインなフルオーダーハウスの提案です。

[ Basic ]
標準化により実現した、低価格で高品質なセミオーダーハウスの提案です。

[ susreno ]
リフォーム・リノベーションについて詳しく知りたい方はこちらから。

[facebook]
仕事のこと、家族のこと、趣味のことなど。

[facebook Page]
現在進行中のプロジェクトの最新情報はこちらから。

by miaaablog | 2017-01-14 09:44 | staffblog | Trackback | Comments(0)