沖縄建築ツアー 1日目

2016年2月17日から3泊4日で参加した「住宅デザイン学校 沖縄建築視察ツアー」について今更ですがまとめます。

独立3年目の2011年。
仕事がそんなに忙しくない頃に参加させてもらった住宅デザイン学校。
建築家の伊礼智さんからは、設計だけでなくいろんなこと(標準化・スタッフを雇うタイミング・クライアントとの接し方・・・等)を教えていただき、現在の事務所のベースとなってます。
そんな伊礼さんと行く、伊礼さんの原風景を巡る建築ツアーが企画されたので、仕事を中断し参加してきました。

小松発の飛行機では、集合時間に間に合わないため、前泊して、その他の建築もたくさん見てきました!!
f0165030_14535619.jpg
2016年2月17日 1日目

夕方に那覇空港到着!
早速レンターカーを借りて、1時間程ドライブ。
f0165030_15001708.jpg
f0165030_15130413.jpg
まずは・・・
糸満食堂(設計:山﨑健太郎)を見学。
地元の素材・工法でつくられた、地元の食材を楽しむ食堂。
伝統的なことを復活させるだけではなく、新しいことにもチェレンジしている、様式不明の建築。
ワークショップを開催し地域住民を巻き込んでいくプロセスもなかなかできそうでできないこと。
同様のむらかみ食堂を設計していたため、いろいろ勉強になった。
お店の方に沖縄のいろんな魚を教えていただいたが、まったく憶えていない。

その後、ホテルへ移動して、一日目終了。
明日は、名護からスタートです!



沖縄建築ツアー
沖縄建築ツアー 1日目
沖縄建築ツアー 2日目
沖縄建築ツアー 3日目
沖縄建築ツアー 4日目



たのしいけんちくを、もっと。
伊藤瑞貴建築設計事務所でした・・・


住所:福井県坂井市春江町千歩寺6-46-1
電話:0776-51-0993

設計相談会(無料)のお申込み
小冊子(StyleBook)のお申込み


Mizuki Ito Architects
伊藤瑞貴建築設計事務所のホームページです。
会社概要・プロフィール・Q&A・設計実績・お問合せなどはこちらから。

[ +happiness ]
北陸地方の気候風土に適した、ロングライフデザインなフルオーダーハウスの提案です。

[ Basic ]
標準化により実現した、低価格で高品質なセミオーダーハウスの提案です。

[ susreno ]
リフォーム・リノベーションについて詳しく知りたい方はこちらから。

[facebook]
仕事のこと、家族のこと、趣味のことなど。

[facebook Page]
現在進行中のプロジェクトの最新情報はこちらから。


by miaaablog | 2017-09-16 14:50 | 見てきました沖縄 | Trackback | Comments(0)

沖縄建築ツアー 2日目

2016年2月18日 2日目

レンタカーで北上して名護市まで。
f0165030_15214870.jpg
f0165030_15214860.jpg
f0165030_15423078.jpg
まずは・・・
絶対に見たいと思っていた名護市役所(設計:象設計集団)。
沖縄における建築とは!を考えた、地域性と風土から誕生した土着的建築。
私が書くよりも丁寧にまとめられているものがたくさんあるので、詳しく知りたい方は、こちら1こちら2から。
一時期弱い建築・負ける建築が注目をあびましたが(今もですが・・・)、悲惨な状態になっている建築をたくさん見てきたからか、強い建築に憧れます。
雨風だけでなく、時代の変化に耐えうることのできる強い建築とは何か??を考えさせられました!!

設計者はプロポーザルで選定されたようですが、次点は福井から応募した案だったと聞き、ビックリです!



f0165030_15434630.jpg
続いて・・・
名護市役所の前にある、名護市民会館へ。
こちらもなかなか迫力のある強い建築でした。

近くのグラウンドでは、日本ハムがキャンプ中でしたが、大谷翔平には会えず・・・



f0165030_15502979.jpg
f0165030_15503020.jpg
f0165030_15502899.jpg
続いて・・・
@小笠原さんからFBで教えてもらった、中城城跡(世界遺産)へ。
城跡から見える廃墟がただならぬ存在感だと聞き、予定を変更しての見学。
遺構からチラチラ見える廃墟。
確かにたまらない!!



f0165030_16000237.jpg
続いて・・・
沖縄コンベンションセンター(設計:大谷幸夫)。
母校金沢工大を設計した大谷氏。
大谷氏が沖縄でどんな設計をされているのかが知りたくて、沖縄コンベンションセンターまで。
金沢工大のような、名護市役所のような荒々しさはなく、リゾートっぽいというか、竜宮城っぽいというか・・・
池原さん的な、すごく奇麗で装飾的な建築でした。
個人的には、無骨な大谷さんが好きだな・・・



f0165030_16021795.jpg
f0165030_16021639.jpg
続いて・・・
浦添市にある公共施設をいくつか。
なかでも浦添市美術館(設計:内井昭蔵)がなかなかよかった。
ガウディのグエル公園のようなピロティー空間も◎。



f0165030_16073251.jpg
f0165030_11413190.jpg
続いて・・・
国立劇場おきなわ(設計:高松新 )
琉球王国時代の家屋などを基にしたデザインで、外壁は斜めに交差した網代形の竹組みをモチーフにしています。
屋根には琉球瓦や琉球石灰岩を、海に近く塩害を防ぐ為に外壁には耐食性の高いプレキャストコンクリートを使用しているようです。

時間もないので、すぐに帰ろうと思った所、目の前にありえないキャンティの建物が!
キャンティは、モダニズム建築の古典的な手法ですが、限度を超えると逆に新鮮に見えてきます。
設計者を調べると、こちらも高松さんの設計でした。



f0165030_17031643.jpg
さて、ここからが住宅デザイン学校のツアーです!

まずは、塾長!?校長!?伊礼さんの「結の家」。
伊礼さん設計の建物は、これまで何件も見学させていただいてますが、RC造はこれが初!
2世帯をつなぐ半屋外空間をバッファーとし、夏の日射しを遮り、涼風を取り込む計画としています。
その他にも太陽熱エネルギーを積極的に活用する等の様々な環境への取り組みがおこなわれていました。
沖縄の気候風土を知り尽くした伊礼さんならではの設計です。

また、荻野さんによるヤンバルの原風景もよかった。
ネットで見る写真では、正直どうかな・・・と思っていたのですが、現地の気候風土の中で見学しないとわからないものです!!


f0165030_17031519.jpg
f0165030_16073471.jpg
続いて・・・
中村家住宅。
18世紀の中頃に建てられた、沖縄住宅建築のエッセンスが全て詰まった住宅です。
重心の低い佇まい・琉球石灰岩の石垣・ヒンプン等、沖縄の気候風土に長い年月をかけて順応してきた結果導かれた形態ということがすぐにわかります。
外敵から身を守るカブトガニのよう!!
最近は、ほとんどの住宅が鉄筋コンクリート造らしく、このような沖縄らしさがなくなってしまったのは、非常に残念。。。



f0165030_16073379.jpg
f0165030_17031751.jpg
続いて・・・
聖クララ教会。
沖縄がまだ戦争の痛手から立ち直る途上にあった1958年に、太平洋をのぞむ小高い丘に、アメリカの宣教師たちがこの教会を建てたそうです。
モダニズム建築の保存を目指すドコモモジャパンの日本近代建築選に沖縄で初めて選ばれた教会で、圧倒的なステンドグラスと日射遮蔽の有孔ブロックが印象的でした。
きっとこの建築でたくさんの方々が癒され勇気づけられたのではないかと推測できます。
モダンだけど随所に暖かさのある、あまり見たことのないモダニズム建築です。





f0165030_16073484.jpg
最後は、懇親会。

店内に完結することなく路地にはみ出していく様は、とても沖縄的でした。

また、北海道の設計者と沖縄の設計者の会話が面白かった。
沖縄は暖房をいれないし、北海道はエアコンを入れないらしい!
日本は、広いです!!

ということで、2日目終了!!



沖縄建築ツアー
沖縄建築ツアー 1日目
沖縄建築ツアー 2日目
沖縄建築ツアー 3日目
沖縄建築ツアー 4日目



たのしいけんちくを、もっと。
伊藤瑞貴建築設計事務所でした・・・


住所:福井県坂井市春江町千歩寺6-46-1
電話:0776-51-0993

設計相談会(無料)のお申込み
小冊子(StyleBook)のお申込み


Mizuki Ito Architects
伊藤瑞貴建築設計事務所のホームページです。
会社概要・プロフィール・Q&A・設計実績・お問合せなどはこちらから。

[ +happiness ]
北陸地方の気候風土に適した、ロングライフデザインなフルオーダーハウスの提案です。

[ Basic ]
標準化により実現した、低価格で高品質なセミオーダーハウスの提案です。

[ susreno ]
リフォーム・リノベーションについて詳しく知りたい方はこちらから。

[facebook]
仕事のこと、家族のこと、趣味のことなど。

[facebook Page]
現在進行中のプロジェクトの最新情報はこちらから。


by miaaablog | 2017-09-15 15:35 | 見てきました沖縄 | Trackback | Comments(0)

沖縄建築ツアー 3日目

2016年2月19日 3日目

本島 運天港よりフェリーにて約1時間の伊是名島へ!

琉球国王第二尚氏を開祖した「尚円王」生誕の地であることから、数多くの遺跡や文化財が残されている、周囲約16㎞という小さな島です。


f0165030_18095877.jpg
f0165030_18095611.jpg
f0165030_18100128.jpg
f0165030_18133776.jpg

到着後、レンタサイクルで銘苅家へ向け出発。
アップダウンが激しい山道を自転車で15分。
なかなかしんどかったですが、景色は最高でした。

f0165030_18151302.jpg
f0165030_18100268.jpg
f0165030_18133819.jpg
f0165030_18095925.jpg
f0165030_18095839.jpg
そして、目的地「銘苅家住宅」に到着。
今回の旅行のメインディッシュで、一番感動した建築です。

ひっそりとした品のある高貴な佇まいの住宅。
久しぶりに感動しました。

この感動がどこからくるのか、自分なりに分析してみると・・・

・沖縄の気候から長い年月をかけて導きだされた形態。
 台風対策考えて設けられたヒンプン・寄せ棟・防風林・重い屋根・重心の低い建物。
 熱さ対策を考えて設けられたあまはじ・瓦屋根。

・沖縄の風土・慣習から導きだされたアシャギ(離れ)・ウフセ(母屋)・テウンギ(台所)・メーヌヤ(納屋)・ヒンプンの合理的な配置。

・雁行型のプラン。(北陸ではこのプランは採用しない。)

・卓越したプロポーション。

・卓越した技術。

・美しい石垣。

・沖縄的な開放感。

・まちと住宅の程よい距離感。ヒンプンの高さと路地的アプローチ。

と、こんな感じです。
気候風土にもまれ、沖縄文化の中で成熟化し、完成した住宅と言えばいいのでしょうか。

話は飛びますが、学生時代競技スキーをやってました。
環境に身体を同化させながら旗門をくぐり抜け加速していくスポーツで、環境に逆らわず強靭な筋力と技で合理的な滑りをした人が勝ちます。
トップの選手の滑りは、無駄がなくとても合理的で美しいもので、長野オリンピックで見たアルベルトトンバの滑りは感動的でした。

装飾的な建築が嫌いで、モダニズム建築や古民家にひかれるのは、体育会系出身(一応!笑)だからかもしれません。

今回の銘苅家のアルベルトトンバ級の佇まい(身のこなし)は、ほんと感動的でした。
なかなか行くことはできませんが、おすすめの建築です!



f0165030_18095773.jpg
f0165030_18095501.jpg

f0165030_18100003.jpg
続いて、やむちんの里を散策。



f0165030_18181034.jpg
f0165030_18180805.jpg
f0165030_18181244.jpg
そして、最終日も懇親会!!

前日のブログでも書きましたが、お店の境界があいまいなのが特徴。
おまけに、人の境界もあいまいで、知らないおじさんが店の三味線を勝手に使って演奏してくれました。
恐るべし沖縄!!



沖縄建築ツアー
沖縄建築ツアー 1日目
沖縄建築ツアー 2日目
沖縄建築ツアー 3日目
沖縄建築ツアー 4日目



たのしいけんちくを、もっと。
伊藤瑞貴建築設計事務所でした・・・


住所:福井県坂井市春江町千歩寺6-46-1
電話:0776-51-0993

設計相談会(無料)のお申込み
小冊子(StyleBook)のお申込み


Mizuki Ito Architects
伊藤瑞貴建築設計事務所のホームページです。
会社概要・プロフィール・Q&A・設計実績・お問合せなどはこちらから。

[ +happiness ]
北陸地方の気候風土に適した、ロングライフデザインなフルオーダーハウスの提案です。

[ Basic ]
標準化により実現した、低価格で高品質なセミオーダーハウスの提案です。

[ susreno ]
リフォーム・リノベーションについて詳しく知りたい方はこちらから。

[facebook]
仕事のこと、家族のこと、趣味のことなど。

[facebook Page]
現在進行中のプロジェクトの最新情報はこちらから。

by miaaablog | 2017-09-14 18:09 | 見てきました沖縄 | Trackback | Comments(0)

沖縄建築ツアー 4日目

2016年2月20日 4日目

最終日は、飛行機の出発まで時間があるので、お決まり首里城へ!

お城が世界遺産かと思ったのですが、登録は「首里城跡」であり、復元された建物や城壁は世界遺産ではないようです!
開放的で境界があいまいな沖縄でしたが、さすがにお城は閉鎖的なつくりでした!

その後、首里城から下り、金城町石畳道へ。
金城村屋を見学後、そろそろ時間もないので空港へと思ったのですが、タクシーがつかまらず、結局下ってきた石畳を全力でダッシュすることに!!

ほんと、心臓が口から飛びでそうになりました!笑!!

f0165030_18301047.jpg
f0165030_18300915.jpg
f0165030_18301091.jpg
f0165030_18301169.jpg
f0165030_18300880.jpg
f0165030_18300798.jpg
気温20度の沖縄から、気温5度の福井へ!
沖縄の旅もこれにて終了です。
改めて、こんなどんよりとした気候風土の中で、どんな建築の可能性があるのかをしっかりと考えなおしてみようと思えた、大変充実した研修でした!

以上、沖縄ツアーでした!!



沖縄建築ツアー
沖縄建築ツアー 1日目
沖縄建築ツアー 2日目
沖縄建築ツアー 3日目
沖縄建築ツアー 4日目



たのしいけんちくを、もっと。
伊藤瑞貴建築設計事務所でした・・・


住所:福井県坂井市春江町千歩寺6-46-1
電話:0776-51-0993

設計相談会(無料)のお申込み
小冊子(StyleBook)のお申込み


Mizuki Ito Architects
伊藤瑞貴建築設計事務所のホームページです。
会社概要・プロフィール・Q&A・設計実績・お問合せなどはこちらから。

[ +happiness ]
北陸地方の気候風土に適した、ロングライフデザインなフルオーダーハウスの提案です。

[ Basic ]
標準化により実現した、低価格で高品質なセミオーダーハウスの提案です。

[ susreno ]
リフォーム・リノベーションについて詳しく知りたい方はこちらから。

[facebook]
仕事のこと、家族のこと、趣味のことなど。

[facebook Page]
現在進行中のプロジェクトの最新情報はこちらから。

by miaaablog | 2017-09-14 18:08 | 見てきました沖縄 | Trackback | Comments(0)

沖縄建築ツアー!!

f0165030_7473736.jpg

f0165030_7474721.jpg


念願の沖縄建築ツアーから帰ってきま
した。

バカンスでしょ〜と思ってる方も多い
ので、真面目な研修の様子を公開しま
す。(笑)

詳細は、たまってる仕事を片付けてから、
Blogにまとめていこうと思います。

伊礼さん、塚本さん、参加された皆様、
ありがとうございました!!

大きな写真は、こちらから!!



たのしいけんちくを、もっと。
伊藤瑞貴建築設計事務所でした・・・


住所:福井県坂井市春江町千歩寺6-46-1
電話:0776-51-0993

設計相談会(無料)のお申込み
小冊子(StyleBook)のお申込み


Mizuki Ito Architects
伊藤瑞貴建築設計事務所のホームページです。
会社概要・プロフィール・Q&A・設計実績・お問合せなどはこちらから。

[ +happiness ]
北陸地方の気候風土に適した、ロングライフデザインなフルオーダーハウスの提案です。

[ Basic ]
標準化により実現した、1000万円台から始めるセミオーダーハウスの提案です。

[ susreno ]
リフォーム・リノベーションについて詳しく知りたい方はこちらから。

[facebook]
仕事のこと、家族のこと、趣味のことなど。

[facebook Page]
現在進行中のプロジェクトの最新情報はこちらから。
by miaaablog | 2016-02-23 07:48 | 見てきました沖縄 | Trackback | Comments(0)