人気ブログランキング |

チャールズ&レイ・イームズ展を見てきました。

「必要性を知る事こそ、デザインの基本条件。
 格好良く見えるものより、ちゃんと使えるものの方が良いことは
 お分かりでしょう。
 格好良く見えるものは、変わるでしょうが、ちゃんと機能するものの働きは
 変わりません。」 チャールズ・イームズ

イームズの言葉に感激!
当たり前のことを再確認しました。

ハーマンミラー物語Eamesーthe universe of designイームズ入門EAMES (イームズ) 【ハーマンミラー】アームシェルチェアーナウガレザー ブラウンキャスター...ラウンジチェア&オットマンEAMES(イームズ)【ハーマンミラー】アームシェルチェアー マルーンファブリック≪Hベース≫...DSR ホワイト イムーズ サイドシェルチェアーEAMES (イームズ) 【ハーマンミラー】アームシェルチェアー FRP ダークブルーロッカーベー...
by miaaablog | 2005-10-29 15:54 | 見てきましたArchitects | Trackback | Comments(0)

イサムノグチ展

東京都現代美術館で行われているイサムノグチ展にいってきました。

最初に出迎えてくれるのが、「2mのあかり」。家具屋さんでよく見かけるakariとは違って巨大で、柔らかい光が部屋全体に広がっています。どこかあたたかく、ほっとするような、やさしいあかりが見る人の心に安らぎをあたえます。

次は「グレゴリー」。薄い板で様々な形をしたたくさんのパーツをつくり、それを組み合わせてつくった作品。見る角度やパーツの種類によっていろいろなモノに見えてきます。

そして今回の目玉「エナジーボイド」と「モエレ沼公園」。

「エナジーボイド」とは、真ん中に穴のあいた、とても大きな石の彫刻。見る角度や時間によって違った表情を見せます。作品への感動もありますが、17tもある作品をよく運んできたなーと、感心してしまいました。

「モエレ沼公園」は札幌市に今年完成した公園です。公園にはピラミッドや古代の遺跡のようにたくさん石を並べただけの階段や、滑り台等の遊具もたくさんおいてあります。
この公園は、仕事の依頼があってから発想したものとはちがい、イサムノグチが長年夢見ていたものらしく、ようやく晩年になって実現したプロジェクトと知り、大変驚きました。

簡単に夢をあきらめてはいけないということをよく言うが、なかなか何十年もの間夢を抱き続けることはできません。

「大地を彫刻する」という夢をあきらめず、自分を生きてきたイサムノグチに大変感動しました。
イサムノグチ展_f0165030_15555533.jpg

by miaaablog | 2005-10-29 15:54 | 見てきましたArt | Trackback | Comments(0)

横浜港大さん橋国際客船ターミナル をみてきました。
今回で2度目の訪問になります。

前回と同様、今回もたくさんの人がいました。
ジョギングをする人、絵を描く人、散歩する人、井戸端会議をしている人、私のような建築を見る人、結婚式を待つ人、演奏をする人・・・・

さらに前回訪問時には、うねうねをつかってパレードまでやってました(笑)!!!

この建築は斬新すぎて、どうゆうものかはわかりませんが、確実に地域に開かれ愛されているように思います。

横浜港大さん橋国際客船ターミナル _f0165030_15583248.jpg

by miaaablog | 2005-10-27 16:01 | 見てきましたArchitects | Trackback | Comments(0)

横浜トリエンナーレ2005

東京でいくつかの展覧会を見てきました。

見てきたものは、「イサムノグチ展」「隈研吾展」「横浜トリエンナーレ」「チャールズ&レイ・イームズ展」「小泉誠展」の5つです。
あまりにもたくさんの展覧会や建築を見て廻ったため、現在消化不良中。

特に「横浜トリエンナーレ」は、様々な個性の作品がならんでいたため、肉体的にも精神的にも疲れました。

とてもよい刺激を受けたのですが、これらが私のエネルギーに代わるにはしばし時間がかかりそうです。

横浜トリエンナーレ2005_f0165030_1631879.jpg

by miaaablog | 2005-10-27 16:01 | 見てきましたArt | Trackback | Comments(0)

久しぶりに東京国際フォーラムを訪れたところ、全体のサインがリニューアルされていました。
カラフルな色使いで、とてもわかりやすく計画されています。

通常サインというと人をわかりやすく誘導することが目的ですが、ここでは空間づくりに一役かっていて、とても楽しげな雰囲気をつくりだしています。

道案内という従来の領域にとどまらない、すばらしいサイン計画でした。

東京国際フォーラムのサイン_f0165030_1605670.jpg

by miaaablog | 2005-10-27 16:00 | 見てきましたArchitects | Trackback | Comments(0)

金沢21世紀美術館でおこなわれている、「ゲルハルト・リヒター:鏡の絵画」展を見てきました。

初めて見たリヒターの作品はとてもきれいで、特に鏡やガラスを使った作品にはとても感激しました。

作品解説を読むと難しい言葉が並んでおり、読めば読むほど迷宮入りしていきますが、どうやら鏡やガラスというモノに意味があるのではなく、そこに写った私も含めた世界に意味があるようです。

作品というモノの中で完結することなく、モノの枠を超えて鑑賞者までも作品にしてしまう発想はなんとも面白い!

多分、ほとんど理解していないのだろうけども、この作家にはなにかありそうです! 
ゲルハルト・リヒター:鏡の絵画展_f0165030_1651828.jpg

by miaaablog | 2005-10-17 16:03 | 見てきましたArt | Trackback | Comments(0)

映画「シンデレラマン」

ツマに連れ出され、映画シンデレラマンを見にいってきました。

映画のコピーは「家族の幸せだけを願っていたら、いつの間にか”アメリカの希望”になっていた・・・。−これは、そんな父親の物語です。」
ツマの策略を感じつつも、映画館へ・・・

内容は、1930年ぐらいのニューヨーク。世界恐慌でどん底になったアメリカで、主人公のボクサーもまた不況で苦しみ、働きながらボクサーをやっていたが右手の怪我が原因で引退を余儀なくされる。そして更にどん底になってしばらく、かつてのマネージャーから一晩限りの復帰戦を持ちかけられる。生活苦で苦しんでいたボクサーはそれを引き受け、家族のために再起をかける。家族愛や男の生き様を綴った物語です。

感想は、まんまと策略!?にはまり、ものすごく感動してしまいました!
『ボクシングを何のために闘うのですか?』と問う記者に対して『ミルク』と答えるジミー。なんのことかよく分からないと思いますが、こんな父親になりたいです!

おすすめ指数100!是非見てみて下さい。
映画「シンデレラマン」_f0165030_22495150.jpg

by miaaablog | 2005-10-16 22:48 | Book・TV・Movie | Trackback | Comments(0)

金沢21世紀美術館 開館記念展覧会『21世紀の出会いー共鳴、ここ・から』 を見てきました。
21世紀の出会いー共鳴、ここ・から_f0165030_15381724.jpg
21世紀の出会いー共鳴、ここ・から_f0165030_15383656.jpg
21世紀の出会いー共鳴、ここ・から_f0165030_15385716.jpg

by miaaablog | 2005-10-09 15:36 | 見てきましたArt | Trackback | Comments(0)

ひつまぶし

名古屋市郊外のお店で、ひつまぶしを食べてきました。
初めての体験で、食べ方がよくわからずお店の人に訪ねると丁寧に教えてくれました。

食べる前のおひつの中をしゃもじで4等分しておき、お膳に付いてきた空のお茶碗に、おひつからうなぎご飯をよそいます。
一杯目はそのまま、二杯目は薬味を載せて、三杯目はお茶漬けでいただき、四杯目は3つの食べ方の中で一番おいしかった食べ方でもう一度食べるそうです。

夕方、住宅を見学して帰路につきました。
帰って、体重計にのると、停滞していたはずの体重が鰻のぼりに・・・

ヤバイ!!!、走らねば!
by miaaablog | 2005-10-02 22:54 | いろいろ1 | Trackback | Comments(0)

豊田市美術館で開催されている、「ヤノベケンジ KINDERGARTEN/キンダガルテン」展を見てきました。

誇大妄想狂ヤノベケンジによる、夢見る大人と子どものための展覧会。
「KINDERGARTEN/キンダガルテン」(幼稚園・保育所)と題された本展覧会では、21世紀初の万博である 愛知万博も視野に入れ、次代を担う人たちの“創造の種”となるヤノベケンジのダイナミックな新作を紹介している。

像高 7.5mにおよぶ腹話術の巨大人形《ジャイアント・トらやん》、産業廃棄物で造った マンモス型木馬《Rocking Mammoth》など、巨大な幼児の保育ルームのようなインスタレーション・・・

様々なヤノベ・ワールドを体感することができ、とても元気になれます。

ヤノベケンジ KINDERGARTEN/キンダガルテン_f0165030_16275598.jpg

by miaaablog | 2005-10-02 16:26 | 見てきましたArt | Trackback | Comments(0)