人気ブログランキング |

年々、日本のプロ野球がおもしろくなくなってきている。
その理由は、メジャーリーグへの日本人選手の流出ということがよく言われるが、本質はもっと深いところにあるように思う。

おもしろくない理由のひとつとして、野球場のドーム化がある。
ドーム化された球場では雨で中止になることはなく、日々淡々と試合が消化されていく。
また、球場の天然芝は人工芝にはりかえられ、イレギュラーのない奇麗な球場になった。

しかし、それらがおもしろい野球につながっているかというと、はなはだ疑問だ。

最近、メジャーリーグの野球場では、人工芝から天然芝への回帰が進んでいるそうだ。
人工芝にしたらファンが減り、天然芝にしたらファンが増えたらしい。
天然芝の球場は、選手への負担を軽減し、攻守にわたって思いきったプレーができる環境をつくり、多くのファインプレーを生む源となっているそうだ。

ファンとしては怪我を怖がった安全なプレーよりも、思い切ったプレーを見たいものだ。
メジャーリーグでは、いかに選手達に楽しくプレーさせるか、いかにファンに楽しんで帰ってもらうか、という当たり前のことを当たり前に考えることで、収益につなげている。

日本のプロ野球が、おもしろくない最大の理由は、本質を見失ったことにある。
あたりまえのことをあたりまえに追求しない限り、選手の流失を止めることはできないだろう。
by miaaablog | 2007-04-30 15:28 | いろいろ1 | Trackback | Comments(0)

これからの家づくりにおいて、その家に暮らす人々との密なコミュニケーションをおこなうことは、とても大切なことだと思う。
コミュニケーションがしっかりとおこなわれ、その家に暮らす人々にあった暮らしをつくることが大切だ。

家をつくること=暮らしをつくること=人生をつくること。
いかに楽しく日々をくらしていくか・・・
というあたりまえのことを共に考え、建築家はそんなあたりまえのことに対して、あたりまえに答えていくことが大切だと考える。

ハウスメーカーの広告を見ていて一番疑問に思うことは、そんなあたりまえのことが行われていないことだ。
坪○○万円・高耐久・高耐震・高気密・高断熱・・・
これらは、本当に豊かに暮らすための本質をとらえているのだろうか?

限られた規格のなかでのしあわせでしかないのではないか・・・と思ってしまう。
もちろんよい部分もあるのだが・・・

限られた人生・・・環境くらい自由であってほしいと思います!!!
施主にあった自由な環境を、様々な対話を通じてクリエイティブしていくことが重要だと考えます。
by miaaablog | 2007-04-29 08:13 | 建築について | Trackback | Comments(0)

「いわいさんちへようこそ! 」というメディアアーティスト 岩井俊雄さんのフォトエッセイを買った。

『キャラクター商品やハイテクなおもちゃがあふれる世の中。
でも、そんなものばかり子供に買い与えるのは味気ない。
岩井さんちでは、父と娘が一緒になって、おもちゃを手作りしながら、新しい遊びを考え出します。
欲しい物は自分で作る、岩井さん親子の暮らしぶりを見ているうちに、自分の子供と何かしたくなる、そんなフォトエッセイ。』という本です。

我が家では、気が付けば家中おもちゃだらけ。
親が買ったものや、おじいちゃん・おばあちゃんが買ってくれたもやプレゼントされたもの等・・・
子供のためと思って買ったものだが、本当に子供のためになるのか・・・!?
この本を読むと、そんなことを考えさせられます。

岩井氏は、子供の頃に母親から「もうおもちゃは買いません」と言われ、代わりに工作の道具や材料を与えられたことからものづくりに目覚めたとか。

遊びを通して学んでいくという、なんとも素晴らしい家族だと思います。

これからは受験戦争を勝ち抜くかよりも、いかに他人とは違う創造力を発揮できるかが問われる時代。
我が家でも早速何かつくってみたいと思います。

いわいさんちWeb
http://iwaisanchi.exblog.jp/



おすすめ 家具・ショップ・デザイナー
by miaaablog | 2007-04-01 22:30 | おすすめ | Trackback | Comments(0)