人気ブログランキング |

ル・コルビジェ展

3連休の初日、六本木ヒルズの森美術館で行われている、「ル・コルビジェ展」へ行ってきました。

ル・コルビジェは20世紀最大の建築家といわれていていますが、絵画や彫刻もたくさん残しており、今回の企画展は建築だけではなく、ル・コルビジェの生き方がわかる展示になっています。

まずは、絵画・彫刻のコーナー。
ル・コルビジェ後期の建築を連想させる、エネルギッシュなものばかり。
午前中はアトリエで絵を描き、建築の仕事は午後から行うというのが日課になっていたとか。
コルビジェ建築の原点が絵画・彫刻から始まっていたことがうかがえる。

そして、建築。

模型や図面、映像等盛りだくさんの内容。
なかでも最大の見どころは、
集合住宅のマルセイユ・ユニテのメゾネットタイプと、彼の終の棲家 カップ・マルタンの休暇小屋の実物大模型!

住まうことを想像しながら、全身でル・コルビュジエの空間を体感できました。
コルビュジエというと、「住宅は住むための機械だ」という名言を残し、誤解を受けている所がありますが、実物大模型を体感すると、それらはしあわせに暮らすための機械だということがすぐにわかります。

ユニテのキッチン廻りの計画はとてもすばらしく、しあわせな暮らしを容易に想像することができます。

また、カップ・マルタンの休暇小屋では、わずか8畳しかない空間ですが、隅々まできくばりがされており、しあわせな夫婦の関係が想像できます。

建築を何のためにつくるのかということは、昔から変わっていないし、これからもかわらないのだと思う。
ル・コルビュジエの「機械」という考え方もひとつの手段であり方法。

しあわせなくらしのためになにができるか・・・
というあたりまえのことに気付かされた展覧会でした。
ル・コルビジェ展_f0165030_1125635.jpg

by miaaablog | 2007-09-22 11:21 | 見てきましたArchitects | Trackback | Comments(0)

乃木坂のギャラリー間で開催中の「小嶋一浩+赤松佳珠子/CAt Cultivate」展を見る。

内容は、日産自動車武蔵村山工場跡地のランドスケープ建築、中央アジア大学ナリンキャンパス、ホーチミンシティ建築大学の3つのプロジェクトにフォーカスをあてもの。

展覧会のタイトルにある「cultivate」とは、地球を耕すという意味。
最終案ではない過程としての思考の形、地球を耕す設計行為のドキュメントが展示されている。
小嶋一浩+赤松佳珠子/CAt Cultivate展_f0165030_11203251.jpg

by miaaablog | 2007-09-22 11:05 | 見てきましたArchitects | Trackback | Comments(0)



10年振りにJ1のサッカーを見てきました。
場所は国立競技場。
横浜FC VS FC東京。

ひさしぶりにライブでみるサッカーはとても新鮮で、
素人では絶対にできない技の数々、TVでは伝わらないパスの精度の高さ、練習中の選手の表情やサポーターの応援・・・

しかし、時間がたつにつれてなにかがものたりない感じ。

あまりにも試合が面白くない。
両チームとも決定的な場面をまったくつくれず、いったりきたりの繰り返し。
J1のサッカーってこんなものかーと思っていたところ、
最後にFC東京 平山相太がみせてくれました!!!

5人抜きの超スーパーゴール!
途中出場からわずか5分後。試合終了間際のロスタイム。
平山は味方の浮き球パスを右足と頭でキープすると、ゴール目指して突進。
ゴール左手前で相手DF2人に体を寄せられても、勢いは止まらない。
両腕で押さえつけ、飛び出すGKを左にかわし、無人のゴールへ蹴り込んだ。

本当に感動しました!!!
今日から、平山のファンになります!
5人抜きの超スーパーゴール!_f0165030_171154.jpg

by miaaablog | 2007-09-21 22:19 | いろいろ1 | Trackback | Comments(0)

hhstyle.com/casa・表参道ヒルズ・21_21 DESIGN SIGHTを見てくる。

安藤忠雄の建築をみていつも感動するところは、なんと表現していいかわからないが、質の高さというか・・・建築の安定感がすごい。

時代の変化にしっかり対応できる強さ・・・
何年経っても、しっかりと使われ続けるだろうな・・・
という感じ!!!?

竣工時は美しいが、何年かたって、再び訪れた時にがっかりする建物はやまのようにあるが、こういった安定感のある建築は少ないように思う。

また、そうした安定感を持ちつつも非日常的な要素もあわせもっている。

この感覚はどこからくるのだろうか!?

答えはわからないが、3つの建築にインスパイヤされました!




hhstyle.com/casa・表参道ヒルズ・21_21 DESIGN SIGHT_f0165030_1425241.jpg
hhstyle.com/casa・表参道ヒルズ・21_21 DESIGN SIGHT_f0165030_14254424.jpg
hhstyle.com/casa・表参道ヒルズ・21_21 DESIGN SIGHT_f0165030_1426055.jpg

by miaaablog | 2007-09-21 13:58 | 見てきましたArchitects | Trackback | Comments(0)

国立新美術館

国立新美術館を見る。
設計は都知事選にも出馬した黒川紀章氏。

最大の見所は、波打つ透明なファサ−ドによって囲われた内部のアトリウム空間。
美しい緑や六本木エリアのダウンタウンと連続し、気持ちいい空間となっています。

この自由な空間に対抗するかのようにつくられているのが、巨大な展示スペース。
どうしてこの案がOKになったの!?というくらいシンプルなプランになっている。

いろいろ調べると・・・

この美術館は、いわゆる収蔵品を収集する美術館ではなく、公募展や企画展のためのギャラリーとして考えられているそうだ。

日展などの巨大な公募展では、地下の作品搬入場所において流れ作業で審査が行われ、入選作品のみが選別され、そのままリフトで各展示ブロックへ運ばれて展示される。

シンプルなプランの理由は、それらの審査、選別、保管、展示がスムーズにおこなえるように、機能的に計画された結果だ。

自由な空間と超機能的な展示室、圧倒的なスケールに感動しました。




国立新美術館_f0165030_1211992.jpg

by miaaablog | 2007-09-21 11:27 | 見てきましたArchitects | Trackback | Comments(0)

ママが料理をつくり始めると、必ずぐずりだすJr君。
そんなJr君のために、一緒にお手伝いのできる踏み台を購入した。

「カートンファニチャーシリーズ ハイスツール 」という椅子で、デザインは渡辺力のもの。
リサイクル可能な段ボールという素材ながら、完璧な組立構造による頑丈なつくりで、とてもリーズナブルな値段のスツールです。

接着剤を一切使わず、山折り、谷折り、はめ込みの作業だけで完成する組立構造は、渡辺力氏の日本人らしい繊細さと工夫が生かされた作品ともいえます。

軽量なので積み重ねたり子供用の遊具として使うことも出来ることから、多くの保育園・幼稚園でも採用されているそうです。

我が家に愛嬌のあるアイテムがまたひとつ加わりました。

 

おすすめ 家具・ショップ・デザイナー
by miaaablog | 2007-09-04 15:57 | おすすめ | Trackback | Comments(0)

ピンホールカメラ

時々、ピンホールカメラで写真を撮りにいきます。

ピンホールカメラとは、空き箱(暗箱)に穴をあけただけの、レンズのない原始的なカメラのことで、普通のカメラでは1秒の1/100という短い時間で撮影しますが、ピンホールカメラでは数秒から数分間かけて撮影をおこないます。
天気にあわせて撮影時間を変更するため、撮影時間を誤るとすぐに失敗してしまいます。
しかし、そこに写る映像はデジタルな世界では見たことのない、ゆったりとした時間を感じることができます。

花の美しさや木々の力強さ、光の美しさ等・・・

ピンホールカメラは、忙しい時には忘れてしまう、ゆったりとした時間を取り戻してくれます。

ピンホールカメラ_f0165030_22522685.jpg

by miaaablog | 2007-09-02 22:52 | いろいろ1 | Trackback | Comments(0)

Jrのために、ノルウェーで生れた椅子の名作、「トリップ・トラップチェア」を購入しました。
デザインの先進国ノルウェーで誕生した世界のロングセラー商品です。

赤ちゃんから大人まで成長にあわせて使うことができ、高さなどがが自由に調節できるように考えられている。
座り方に無理がなく、だれでも最適な姿勢が保てます。

また、飽きのこないシンプルなデザインは、年齢に関係なくいつまでも長く使い続けることができます。

我が家に愛嬌のあるアイテムがまたひとつ加わりました。

【送料・消費税無料】全10色・トリップ トラップ【送料・消費税無料】全10色・STOKKE トリッ...
専用のクッションでより安定感を☆トリップ・トラップクッション 3色【送料無料】

おすすめ 家具・ショップ・デザイナー
by miaaablog | 2007-09-01 15:24 | おすすめ | Trackback | Comments(0)