むすぶデザイン・・・

f0165030_733758.jpg

安次富隆「むすぶデザイン」展&ギャラ
リートークにいってきました。

安次富さんのことを知ったのは今回
が初!

「むすぶデザイン」というステキなタイ
トル!にひかれて鯖江まで行ってきま
した。

ギャラリートークは、期待を裏切られ
た、とても新鮮な話!

プロダクト/ユーザー間の「むすぶデザ
イン」の話が聞けるものだと勝手に思い
込んでいたのですが・・・

そんな小さな方ではありませんでした。


「むすぶデザイン」とは・・・

ひととひと、技術とデザイン、地域と地
域、地域と世界、過去と未来、ローテク
とハイテク、アナログとデジタル、理想
と現実

を結びより良いデザインを目指すことだ
そうです。

高岡でおこなわれているHiHill
(ハイヒル)プロジェクトでは、単に
プロダクトをデザインするだけでなく、
デザイナーがいなくなった後でもしっか
りとしたデザインが生まれてくる環境を
デザインしています。

1000年先の超長期目標、100年先
の長期目標を考えながら今年の計画を
たてているのだとか・・・!


HiHill(ハイヒル)プロジェクト
「技を売るマテリアルプレート」では・・・

(以下、安次富氏のHPより)
漆140種、金属40種、ガラス10種
の表面処理技法をマテリアルプレート
として商品化。マテリアルプレートは、
高岡の技術のプロモーション・ツールと
なり、建築、インテリア、自動車、家電
など、新しい分野から仕事が依頼される
ようになった。   

とのこと・・・

単に今ある技術を視覚化しただけなので
すが・・・
なかなかできそうで、絶対できないこと
です。。。

目先の利益ではなく、1000年先を考
えたからこそでてきたアイディアかもし
れません・・・


なんか...
小さくまとまってはダメですね。。。



「たのしいけんちくを、もっと。」   
伊藤瑞貴建築設計事務所でした・・・

Mizuki Ito Architects

twitter mixi blog mura Fukui 
by miaaablog | 2010-10-31 07:41 | Memo・講演会 | Trackback | Comments(0)

N-house

ホームページに・・・
「N-house」の模型写真をUPしました。
模型写真はこちらから。



f0165030_1759184.jpg

また、いつものごとく・・・
ホームページのスライド画像を入れ替え
ました・・・

過去の画像はこちら。



「たのしいけんちくを、もっと。」   
伊藤瑞貴建築設計事務所でした・・・

Mizuki Ito Architects

twitter mixi blog mura Fukui 
by miaaablog | 2010-10-30 18:02 | 画像保管庫 | Trackback | Comments(0)

再開・・・

f0165030_165239.jpg

しばらく休止していたプロジェクトが
1か月ほど前から動きだしました。

現在は、プランを考えながら同時に
1/200の模型をつくり、屋根の架け
方や全体のプロポーションなどを検討
しています。

こういう小さい模型は余分なものが付加
できないことから、バランスの悪い模型
はとことんかっこ悪く見え、よいものは
すごくよく見えます。

こういう嘘の付けない模型をつくってい
ると、勾配・階高・軒・・・をどうする
かということが、とても大切なことだと
気付かされます。

いつもはたくさんいいわけのできる
1/50の模型をいきなりつくるので
すが・・・

これからは1/200からだな〜



「たのしいけんちくを、もっと。」   
伊藤瑞貴建築設計事務所でした・・・

Mizuki Ito Architects

twitter mixi blog mura Fukui 
by miaaablog | 2010-10-30 17:32 | works - その他 | Trackback | Comments(0)

N-House 計画案!!!

f0165030_13255447.jpg

f0165030_13255296.jpg

f0165030_1325529.jpg


住宅街に建つ店舗兼住宅の計画です。

構造規模は、鉄骨造3階建て。

ハピネス・サスティナブル・シンプルと
いう3つのデザインコンセプトをもとに
新たな付加価値を創造し、感動と楽しさ
のある心豊かな住宅となるよう計画をお
こなっています。

今回の計画で重視したのは以下の5つの
ポイントです。

・家族・友人・近隣住民・・・人と人と
 がつながる、たのしい暮らしの提案。

・太陽や風などの自然エネルギーを有効
 活用した気持のちいいパッシブな建築
 の提案。

・親世帯居住部分におけるユニバーサル
 デザインの追求。

・100年後でも消費されないシンプル
 なデザインの追求。

・普遍性のある材料・構法の選択による
 長寿命な住まいづくり。



「たのしいけんちくを、もっと。」   
伊藤瑞貴建築設計事務所でした・・・

Mizuki Ito Architects

twitter mixi blog mura Fukui 
by miaaablog | 2010-10-29 13:26 | works - その他 | Trackback | Comments(0)

TRIP KAGAWA

f0165030_1754326.jpg

ホームページのスライド画像を入れ替え
ました・・・

過去の画像はこちら。



「たのしいけんちくを、もっと。」   
伊藤瑞貴建築設計事務所でした・・・

Mizuki Ito Architects

twitter mixi blog mura Fukui 
by miaaablog | 2010-10-28 17:54 | 画像保管庫 | Trackback | Comments(0)

最後は淡路島へ・・・

この日も5時起きで、帰福です・・・
f0165030_8284920.jpg

まずは・・・

いろんな理由で雑誌には掲載されなかっ
た、すごいという噂の「戦没学徒記念館」
設計:丹下健三を見学!

っと思ったら・・・

「老朽化が激しいため危険な状態のため
立ち入りを禁止します」という残念な看板
・・・

ネット情報では、自己責任で見学してく
ださいとのことだったが・・・

見学したい方は、「南あわじ市役所中央
庁舎市長公室」まで連絡してくださいと
のことでした。。。

フェンスを乗り越え不法侵入するが、
ふたつ目のフェンスがあらわれ・・・

メタボ化してきた私の耐力では乗り越え
られないと判断・・・

あえなく退散です。。。


次は・・・
淡路夢舞台 設計:安藤忠雄
本福寺  設計:安藤忠雄
へ・・・

こちらは、ノーコメント・・・

いろんな意味でふたつともすごい建築で
した。。。

f0165030_8284960.jpg

f0165030_8284890.jpg

f0165030_8284893.jpg

さて、4日間、いろんな新しい建築をみ
てきたのですが・・・

帰りの車の中でずっとあたまに残ってい
たのは豊島美術館!

あの内部に入った瞬間のしびれた感じは
今後の設計活動に影響を与えてくれそう
です。

私の頭ではうまくまとめることはできま
せんが、時間をかけて紐解いていきたい
と思います。

では、これで・・・

おしまい、おしまい・・・



「たのしいけんちくを、もっと。」   
伊藤瑞貴建築設計事務所でした・・・

Mizuki Ito Architects

twitter mixi blog mura Fukui 
by miaaablog | 2010-10-27 09:06 | 見てきました香川・直島等 | Trackback | Comments(3)

f0165030_20223161.jpg

直島「I ♡ 湯」にも行ってきました!

もちろん入浴も・・・


直島に行く前に見たドキュメンタリー番
組での大竹伸朗の言葉・・・

「芸術が自分にとってなんなのかわから
ない」

「人に受けたアドバイスを採用して良か
ったことは一回もない」

「なんでゾウなのか俺もわかんないけど」

「銭湯にコンセプトあったらめんどくさ
くて行ってらんねえよ」

「コンセプトなんてないよ、どうなるか
オレもわかんない。」

こんな生きた言葉を聞いたら行かないわ
けにはいきません。

言葉通りのたのしい銭湯で・・・!

考えれば考えるほどつまらなくなる、音
楽を聴くように感覚的に見るととてもた
のしくなる建築でした・・・

思わず写真を何枚もパシャリ。。。

どこを切り取ってもなんかいい。

なんか元気になれる銭湯でした。。。
f0165030_20444935.jpg




「たのしいけんちくを、もっと。」   
伊藤瑞貴建築設計事務所でした・・・

Mizuki Ito Architects

twitter mixi blog mura Fukui 
by miaaablog | 2010-10-26 21:00 | 見てきました香川・直島等 | Trackback | Comments(0)

f0165030_18203325.jpg

屋外作品観賞後は、安藤忠雄×3作品

ベネッセハウスミュージアム
地中美術館
李禹煥美術館

を見る。

中でもよかったのが、李禹煥美術館。

余分な線を徹底的に取り去った洗練され
た建築。

必要以上に長い、ぐねぐねした打ち放し
のアプローチが、いままでにない非日常
的で純粋で強い空間をつくっている。

それらの空間演出はスタッフの対応にま
で徹底されていて(多分・・・)、他の美
術館とはちがった淡々とした対応に思え
た・・・(これでいい・・・)

拡声器を使って・・・「今から整理券を
くばりまぁ〜す」とは違った静かな感じ。
(ちなみに・・・スッタッフの制服や靴
も全てグレーでした。。。)

今年になって安藤建築を山ほどみてきま
したが、今までとはひと味違った安藤建
築です。


一方、地中美術館・・・

こちらはちょっと最悪・・・

はっきり言って人を入れ過ぎですね!

ざわついた環境の中でモネやタレルを見
ても感動しません。

建築はすごいのだが・・・

オープン当初に見たかった建築です。


次は、家プロジェクト・・・
f0165030_79963.jpg

本村周辺をぐるぐる歩き回る。

大竹伸朗
杉本博司
ジェームスタレル
宮島達男
内藤礼
・・・

の作品を見る。

どれも素晴らしい作品ばかりだったが、
ここでもよかったのが大竹伸朗さんの
「はいしゃ」!

もともと歯科医院だった場所を作品化し
たもので、屋内や外観には多様なオブ
ジェが・・・

内部にはなんと巨大な自由の女神も
・・・(爆笑!)

真剣に見ては行けない作品です・・・


さて、これで全行程終了。

宮浦港で1時間並んで高松港に着いたの
は17時頃。

福井へ帰ろうと思ったが・・・

とてもそんな状態ではなかったので、
もう一泊することにする。

明日は、淡路だ〜!



「たのしいけんちくを、もっと。」   
伊藤瑞貴建築設計事務所でした・・・

Mizuki Ito Architects

twitter mixi blog mura Fukui 
by miaaablog | 2010-10-26 08:49 | 見てきました香川・直島等 | Trackback | Comments(0)

f0165030_734611.jpg

高松始発のフェリーの時刻を見ると、
直島着は9:02。

これでは、地中美術館の整理券が確保で
きないと思い、裏技!宇野港経由で直島
に上陸する。

やはりこの日も5時起きでした。。。


直島でまず出迎えてくれるのが、
「赤いカボチャ」とSANAA設計の
「海の駅なおしま」。
f0165030_753887.jpg

f0165030_734170.jpg

廻りの環境にとけ込むフワッとした建築。

トラックが柱にぶつかると、建物が崩壊
しそうで、ちょっとこわい。

これだけ屋根が軽やかだと、建物の荷重
を支える柱というよりは、テントのロー
プのような、風による吹き上げ防止の柱
にみえてくる。


次に、ベネッセハウス周辺へ・・・
f0165030_783358.jpg

つつじ壮前から屋外展示を鑑賞しながら
徒歩でベネッセハウスミュージアム・地
中美術館を目指す。

豊島美術館を見てなければもっと感動で
きたかも・・・という思いもありました
が、自然とアートが溶け合う非日常的な
環境に感動です!

ベネッセハウスに到着したあたりで、
地中美術館までの距離がかなりあること
に気付く・・・

とはいうものの、バスはまだ運行してい
ない・・・

息子の十八番!?
「腰がイテーナー・・・」が頭の中で連呼する。。。
(誰にも伝わらないと思いますが・・・)

次は、安藤忠雄×3作品へ・・・
つづく・・・



「たのしいけんちくを、もっと。」   
伊藤瑞貴建築設計事務所でした・・・

Mizuki Ito Architects

twitter mixi blog mura Fukui 
by miaaablog | 2010-10-25 08:04 | 見てきました香川・直島等 | Trackback | Comments(0)

f0165030_1453716.jpg

まずは・・・

犬島アートプロジェクト「精錬所」を
見る。

設計は三分一博志氏。

犬島に残る銅精錬所の遺構を保存・再生
した美術館で・・・

「在るものを活かし、無いものを創る」
というコンセプトのもと作られたこの建
物は、既存の煙突やカラミ煉瓦、太陽や
地熱などの自然エネルギーを利用した環
境に不可を与えない、以前のブログでお
伝えした六甲枝垂れ同様、環境の力を
うまく取り入れた建築となっている。

建築という小さな枠におさまっていない
すごい建築でした!
f0165030_1419961.jpg

f0165030_14234882.jpg

f0165030_141983.jpg

f0165030_14191139.jpg

f0165030_1419943.jpg

続いて・・・

犬島「家プロジェクト」F邸・S邸・
I邸・中の谷東屋を見る。

設計は、妹島和世氏。

S邸は柱のないアクリルで自立した今ま
で見たことのない建築。

建築とアート越しに見える街並が魅力的
です。

また、中の谷東屋では・・・

おばちゃんから「ここは音が反響するか
ら〜」っと無理矢理拍手させられる。

知らない人同士が会話をはじめる不思議
な建物でした。


現在は4カ所ですが、最終的には10カ
所くらいで同様のことがおこなわれるよ
うです。

現在は、若干物足りない感がありますが、
全てが完成すると、かなりインパクトの
あるものになるのではないでしょうか・・・
f0165030_1453791.jpg


つづく・・・



「たのしいけんちくを、もっと。」   
伊藤瑞貴建築設計事務所でした・・・

Mizuki Ito Architects

twitter mixi blog mura Fukui 
by miaaablog | 2010-10-23 14:26 | 見てきました香川・直島等 | Trackback | Comments(0)