f0165030_18064278.jpg
セミオーダー [ A House ]

1年間の光熱費の報告がありました!

今回の住宅は、子育て中のため、住宅で
の滞在時間が長いことから、それなりの
光熱費になっているのではないかと心配
しましたが、なんとビックリ!

1年間の合計が119,927円でした!!
(月平均9,993円/月)

もちろん、これ以外の光熱費はかかりま
せん。

ここまで下がってくれば、私的には充分
です!

今回の住宅では、光や風などの自然エネ
ルギーを有効活用したパッシブな建築と
なるように、いろいろなシュミレーショ
ンをおこなって設計を進めたのですが、
大満足の結果です。

これまで何棟か設計をおこなってきまし
たが、光熱費がなんとなくつかめるよう
になってきました。

究極のパッシブハウスというよりは、
心地よい!それなりのパッシブハウスを
目指します〜笑!!



たのしいけんちくを、もっと。
伊藤瑞貴建築設計事務所でした・・・


住所:福井県坂井市春江町千歩寺6-46-1
電話:0776-51-0993

設計相談会(無料)のお申込み
小冊子(StyleBook)のお申込み


Mizuki Ito Architects
伊藤瑞貴建築設計事務所のホームページです。
会社概要・プロフィール・Q&A・設計実績・お問合せなどはこちらから。

[ +happiness ]
北陸地方の気候風土に適した、ロングライフデザインなフルオーダーハウスの提案です。

[ Basic ]
標準化により実現した、低価格で高品質なセミオーダーハウスの提案です。

[ susreno ]
リフォーム・リノベーションについて詳しく知りたい方はこちらから。

[facebook]
仕事のこと、家族のこと、趣味のことなど。

[facebook Page]
現在進行中のプロジェクトの最新情報はこちらから。



by miaaablog | 2016-11-24 17:15 | パッシブハウス | Trackback | Comments(0)

セミオーダーふなつちょうのいえ 」お客様インタビュー


常に寄り添ってくれて出来た、


無理せず快適なパッシブハウス。

f0165030_10432486.jpg

「いいなあ」と思った家に、

サイトでもう一回出会った。


Q.最初のきっかけは、むらかみ食堂だったと聞きました。

詳しく言うと、むらかみ食堂のそばを車で通った際に、隣に建てられていた家に目を惹かれたのです。黒いガルバリウムの外壁が格好いいなあと思いました。庭の柵も僕好みでした。その後、インターネットで建築家を探していた際に、むらかみ食堂とそのお隣の家が、ともに伊藤さんによる設計だと知ったのです。「あ!あの家だ!」って。驚きました。


Q.パッシブハウスにご関心があったそうですね。

ありました。私も妻も、ずっと関心を持っていました。自然の力を最大限に活かし、光熱費を抑えながら快適に暮らせる家に、住みたいと思っていました。伊藤さんのサイトを見ていると、パッシブハウスについての考え方が綴られていたので共感を覚えましたね。


Q.それが依頼の決め手になったのですか?

大きな決め手になったのは、適正価格で建てられるとわかったことですね。実は、従来にも、別のビルダーで、契約寸前まで至ったことがあったのです。でも、要望を言っても「予算が足りないからできない」とあっさり断られたり、金額の不透明感があったりしたので、やめました。その点、伊藤さんは誠実な方です。お会いした際に、金額について明瞭なことはわかりました。ようやく安心してスタートできるって思いました。
f0165030_10432555.jpg

「予算が合わない」では、

終わらせない姿勢が嬉しかった。


Q.家づくりしていく中で印象に残っているのは?

最初から最後まで、伊藤さんがいつも親身になってくれていたことです。例えば、設計において、希望していたことが予算やスペースの関係上で無理だということが判明しても、何とかアイデアを別の形で活かそうとしてくれました。


Q.可能でしたら、エピソードをお聞かせください。

設計の終盤の段階で、物置が欲しくなってお願いをしました。家の外ならばすぐ出来たのだと思いますが、庭などのスペースを確保したかったので、何とか家の中に作ってほしいと頼んだのです。伊藤さんは、玄関脇をうまく使って作り出してくれました。今、アウトドアの道具やタイヤなどを入れるのに重宝しています。


Q.建築が始まってからはどうでしたか?

常に足を運んでくれていました。現場で見ていて、ちょっと思いとちがっていた部分があったりして相談すると、直ぐさま対応してくれました。その都度ちゃんと聞いてくれたので、出来上がってくるのを楽しみに待つことができました。建築家は家だけでなく、安心をつくる人でもあるんだなと思いましたね。
f0165030_10432361.jpg

使いやすくて居心地も良い。

それが、パッシブハウス。


Q.特に気に入っている点について教えてください。

メインのリクエスト担当であった妻が特にこだわっていたのは、ランドリールームでした。従来住んでいたアパートは、洗濯物を干す場所が狭く、家の中に干したとしても、なかなか乾きませんでした。今回の住まいでは、たくさんの日差しが入るガラス張りのドライスペースを用意しました。洗濯機置き場と一体になっており、洗ったらすぐに干してアイロンをかけて畳んで収納、という一連の流れがその場で行えます。おかげで家事が非常に楽になりましたね。また、家の中心にキッチンを配置したことで、いつも家族の気配が感じられるようになり、家事に集中ができるようにもなりました。


Q.旦那様のお気に入りポイントは?

私が気に入っているのは、開放感です。庭とつながる明るいリビングを作り上げてくれたことで、毎日、心地の良い生活を送らせてもらっています。従来のアパートと比較してはいけないですが、広くて明るくて子どもたちも喜んでいます。
f0165030_10433638.jpg
Q.リビングは確かに気持ち良さそうです。

夏の厳しい直射日光が入ってくることはなく、それでいて、冬は暖かい日差しがちゃんと差し込んできます。それに加えて、風が通り抜けて気持ちいいです。まさにパッシブハウスなんですよね。実際に、ちゃんと光熱費も抑えられて、年間の光熱費(オール電化)は、11万円ほどでした。無理せず心地よくコストを落とせる家にできたこと、本当に、感謝しています。ありがとうございました。


このたびは、取材のご協力ありがとうございました。


たのしいけんちくを、もっと。
伊藤瑞貴建築設計事務所でした・・・


住所:福井県坂井市春江町千歩寺6-46-1
電話:0776-51-0993

設計相談会(無料)のお申込み
小冊子(StyleBook)のお申込み


Mizuki Ito Architects
伊藤瑞貴建築設計事務所のホームページです。
会社概要・プロフィール・Q&A・設計実績・お問合せなどはこちらから。

[ +happiness ]
北陸地方の気候風土に適した、ロングライフデザインなフルオーダーハウスの提案です。

[ Basic ]
標準化により実現した、1000万円台から始めるセミオーダーハウスの提案です。

[ susreno ]
リフォーム・リノベーションについて詳しく知りたい方はこちらから。

[facebook]
仕事のこと、家族のこと、趣味のことなど。

[facebook Page]
現在進行中のプロジェクトの最新情報はこちらから。



by miaaablog | 2016-11-23 10:49 | news | Trackback | Comments(0)

f0165030_16565716.jpg
f0165030_16565375.jpg

いろいろありまして、まとめるのが遅くなりましたが、11/2.3に社内研修で東京まで行って来ました。

主な見学先は、以下。

一日目
・東京文化会館
・国立西洋美術館
・国立博物館
・法隆寺宝物館
・国際子供図書館
・谷中 街中散策
・カヤバ珈琲 設計:永山裕子
・HAGISO 設計:宮崎晃吉
・吉田哲郎展
・トラフ展
・G展

二日目
・つむじ i-works 設計:伊礼智
・つむじ 舎庫 設計:小泉誠
・前川國男自邸 
パウロ・メンデス・ダ・ローシャ展
・杉本博司 ロスト・ヒューマン展

こんなに詰め込んでどうするの!というくらい詰め込んだおかげで、足も頭もパンパンのツアーになりました。

事務所的には、「
i-works」と「前川國男自邸」の様々な寸法をみんなで測量しながら様々な思いを共有出来たことが大きな収穫でした。

伊礼さんの設計するCH2150の空間は、ほんと素晴らしく、自分たちの寸法感覚がまだまだだと反省。

今後の設計では、もう少しきわどい所を攻めていきたいと思います。

また、前川さんと伊礼さんのダイニングの高さとペンダントの高さがまったく同じなのには、ちょっとビックリでした。


1年に1回くらいは、こういった研修に出かけたいですね・・・

以上、東京レポートでした。



たのしいけんちくを、もっと。
伊藤瑞貴建築設計事務所でした・・・


住所:福井県坂井市春江町千歩寺6-46-1
電話:0776-51-0993

設計相談会(無料)のお申込み
小冊子(StyleBook)のお申込み


Mizuki Ito Architects
伊藤瑞貴建築設計事務所のホームページです。
会社概要・プロフィール・Q&A・設計実績・お問合せなどはこちらから。

[ +happiness ]
北陸地方の気候風土に適した、ロングライフデザインなフルオーダーハウスの提案です。

[ Basic ]
標準化により実現した、1000万円台から始めるセミオーダーハウスの提案です。

[ susreno ]
リフォーム・リノベーションについて詳しく知りたい方はこちらから。

[facebook]
仕事のこと、家族のこと、趣味のことなど。

[facebook Page]
現在進行中のプロジェクトの最新情報はこちらから。



by miaaablog | 2016-11-20 16:55 | 見てきましたArchitects | Trackback | Comments(0)

JIA建築ツアーで岐阜・滋賀へ!

・瞑想の森 設計:伊東豊雄
・ぎふメディアコスモス 設計:伊東豊雄
・ハイタウン北方 妹島和世・高橋晶子等
・ラコリーナ近江八幡 設計:藤森照信

を見学してきました。

f0165030_16022331.jpg
まずは、瞑想の森。
明解なプランとそれらを覆うような自由曲面シェル。
天井には照明がなく、間接光によりとても柔らかな印象。
全てがやさしい納まりで、悲しみを癒してくれそう・・・
最後はここで・・・というよりは、
大切な人をここで見送りたいという感じでしょうか・・・笑
台中オペラでは、中外が切れた印象が強かったのですが、ここではうまくつながってました。

f0165030_16022857.jpg
続いて、ぎふメディアコスモス。
瞑想の森と同様にまったく別次元の建築です。
木製の格子状の屋根を成立させるために相当な時間を使ったはず。
水平力を伝えなくてはいけないし、耐火建築なのにメチャクチャ燃えそうだし・・・施工はとんでもなく大変だったと思う。
また、グローブといわれる傘状の空間は、今までになかった居場所のつくりかたで、とても心地よい空間でした。

二つともとても素晴らしい建築でした。
僕の中での伊東豊雄さんのベスト1・2はこの建物ですね!
(メディアテークはみてないので・・・???)


f0165030_16023433.jpg
ハイタウン北方では、妹島さんのフラットなプランを体感することが出来ました。
並列する部屋と各部屋に付く出入口が従来の住宅とはまったく違った環境をつくっていて、とても不思議な感覚でした。
あのプランを上手に使いこなす住人に会ってみたかったのですが、改修中のためか、みなさん閉鎖的な暮らしをされてました。

個人的には、高橋棟がお気に入り!!
LDK+土間付き田の字型のプランは、DNAに刻み込まれたものだからか・・・不思議な安心感がありました。


f0165030_16023946.jpg
最後は、二度目のラコリーナ近江八幡。
新たな建物が追加され、藤森さんのテーマパークみたいになってました。(って、思うのは設計してる人だけか・・・)
一発あたったからこんな建物を建てたんだな・・・と下世話なことを思っていたのですが、調べてみるとまったく違ってました。
夢があり、企業理念があり、壮大な構想があるようで、「未来の子供達へと手渡す憧れのヴィレッジ」をつくるようです。
社員が高めあいながら地域と共に歩んでいこうという姿勢・・・こういう会社がどうやら儲かるみたいです!!
近江八幡の三方よしの精神なのだろうか・・・これは真似しないといけませんね!!


以上、見学レポートでした。



たのしいけんちくを、もっと。
伊藤瑞貴建築設計事務所でした・・・


住所:福井県坂井市春江町千歩寺6-46-1
電話:0776-51-0993

設計相談会(無料)のお申込み
小冊子(StyleBook)のお申込み


Mizuki Ito Architects
伊藤瑞貴建築設計事務所のホームページです。
会社概要・プロフィール・Q&A・設計実績・お問合せなどはこちらから。

[ +happiness ]
北陸地方の気候風土に適した、ロングライフデザインなフルオーダーハウスの提案です。

[ Basic ]
標準化により実現した、1000万円台から始めるセミオーダーハウスの提案です。

[ susreno ]
リフォーム・リノベーションについて詳しく知りたい方はこちらから。

[facebook]
仕事のこと、家族のこと、趣味のことなど。

[facebook Page]
現在進行中のプロジェクトの最新情報はこちらから。




by miaaablog | 2016-11-20 09:50 | 見てきましたArchitects | Trackback | Comments(0)

熊本地震の倒壊状況や省エネの観点から、弊社設計の標準仕様を決めることにしました。

建設費や設計料が若干上がることにはなるのですが(これまでの建物も同程度の仕様なので微増です。)、お施主さまにとっては意味のある出費だと考え、以下の内容を標準仕様とします。(セミオーダー・フルオーダー共です。)

性能を追求し始めると建物がかっこ悪く、無骨なデザインとなりがちですが、性能と美しさの両立を目指して設計をおこなっていこうと考えています。

以下、標準仕様です。

(今更という感じもありますが、設計事務所であえて明記している所は少ないと思いますので・・・)


[ 耐震等級2以上の安全性 ]
2016年の熊本地震では、新耐震基準(2000年基準)をクリアーした住宅の約1割(倒壊率3%・大破以上7%)が倒壊・大破したそうです。
建築基準法の改正はおこなわれないようですが、弊社の今後の設計では、新耐震基準をクリアーするだけでなく、また簡易的な4号特例に甘えることなく、耐震等級2以上(もちろん
耐震等級3も可能。)の設計をおこないます。
耐震等級とは地震に対する構造躯体の倒壊・崩壊等のしにくさを表示します。
耐震等級2は数百年に1度発生する地震力の1.25倍の地震力に対して倒壊・崩壊しない耐震性を持ちます。


[ 省エネルギー対策等級4 ]
省エネルギー対策等級とは冷暖房使用によるエネルギー消費を抑えるための気密性・断熱性に関する評価のことをいい、中でも等級4(Q値2.7以下)は最高のランクです。
また、弊社では、高気密高断熱住宅+パッシブハウス設計としていますので、等級4以上の断熱性(東北地方の等級4を目指してます。)とし、低燃費な設計としています。

Q値 2.1以下目標(過去の実績 
Q値1.7〜2.3、Ua値0.53〜0.66)
C値 1.0以下目標(過去の実績 C値0.4〜0.8)
年間光熱費実績


[ 長期優良住宅仕様の家づくり(認定ではありません)]
長期にわたって良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅の事をいいます。
良質な住宅を大切につかうことによって地球への負担の軽減を図るとともに、建て替えコストの削減によって地球への負担の軽減を図ることを目的としています。
認定を取得した住宅は、住宅ローン減税・固定資産税優遇・ローン金利の引き下げ・保険料の引き下げ等のメリットを受けることができます。


上記の変更に伴い、設計料を一部改訂させていただきました。
構造検討費 建築工事金額×0.5%(許容応力度計算の場合×1.0%)

認定が必要な場合
長期優良住宅認定申請 18万円
耐震等級認定申請費 別途必要
省エネルギー対策等級4認定申請費 別途必要

by miaaablog | 2016-11-15 18:37 | news | Trackback | Comments(0)

f0165030_15483145.jpg
スタッフのさかいです。

今秋、長期のお休みを頂き、東北被災地巡りの旅へ行ってきました。 震災当時、私は関東に住んでおり、帰宅難民になったり計画停電を体験した程度で済みましたが、あの時の不安感は今でも忘れられません。あれからずっと東北に行きたいという思いがあり、今回やっと実現することができました。

被災地では、当時の写真やそのまま残された風景を見る機会も何度かあり、大変衝撃を受けました。そして、旅から戻ってみると、直接出会った方々の言葉の方が強く思い出されます。

なかなかこのような機会もないと思い、少し足を伸ばして、有名建築もちょこちょこと訪ねてみました。

被災地についてだけではなく、各地の素敵な建物やエピソード等も、何回かに分けてお伝えできればと思います。

まず旅のスタートは秋田。 敦賀から船で入り、弘前、青森、そして八戸から順に沿岸部を下っていきました。

秋田から始めたのは、日本で最も美しい図書館といわれている国際教養大学中嶋記念図書館へ行く為でした。秋田杉をふんだんに使用した傘型の屋根構造は圧巻で、入った瞬間に鳥肌が立つ程。電車やバスを乗り継いで、わざわざでも来てよかったと思える建築でした。

次に訪れたのは弘前市。和と洋がうまく調和した城下町で、空襲から免れたこともあり、レトロな建物が数多く残っています。また、近代建築の巨匠、前川國男の設計した建築物が8つも現存しています(弘前市庁舎、弘前市立博物館など)。建築好きとしてはたまらない街でした。

さて次回は青森市内に入っていきます。

写真は、中嶋記念図書館・旧第八師団長官舎(現在はスタバとして利用)・弘前市緑の相談所・弘前市民会館


f0165030_15483203.jpg
f0165030_15483034.jpg
f0165030_15483230.jpg



by miaaablog | 2016-11-10 15:47 | staffblog | Trackback | Comments(0)

f0165030_07375194.jpg
11/5に開催された[ ふくい建築賞2016 ] 公開審査にて、「むらかみ食堂」が一般建築部門 最優秀賞を受賞しました。

なかなか手の届かなかった賞で、ようやく1等賞をいただくことができ、感無量です!

とても小さな建物で(後から聞いた所、住宅部門より少ない予算でした・・・笑)勝ち上がることは難しいと思ってたのですが、僅差で勝利させていただきました。

心地いい建築(おいしい建築)というだけでなく、「地域の資産」「地域の宝」を今回の食堂によって顕在化させようという取り組みが評価されたのだと思います。

この低予算での最優秀賞受賞記録は、なかなか破られないと思います。(むらかみさん、すみません・・・笑)

ふくい建築賞とは、県内の建築三団体(士会・事務所協会・JIA)により立ち上がった賞で、他県にはない他県に誇れる建築賞です。

この建築賞が始まったことにより、県内の建築レベルは、確実にあがってきていると感じます。

これからも[ ふくい建築賞 ]で切磋琢磨させていただきながら、福井の建築文化が盛り上がっていくようにサポートさせていただきたいと思います。

そして、ふくい建築賞の名に恥じないように、これからも頑張って設計していきたいと思います。



たのしいけんちくを、もっと。
伊藤瑞貴建築設計事務所でした・・・

住所:福井県坂井市春江町千歩寺6-46-1
電話:0776-51-0993

設計相談会(無料)のお申込み
小冊子(StyleBook)のお申込み


Mizuki Ito Architects
伊藤瑞貴建築設計事務所のホームページです。
会社概要・プロフィール・Q&A・設計実績・お問合せなどはこちらから。

[ +happiness ]
北陸地方の気候風土に適した、ロングライフデザインなフルオーダーハウスの提案です。

[ Basic ]
標準化により実現した、1000万円台から始めるセミオーダーハウスの提案です。

[ susreno ]
リフォーム・リノベーションについて詳しく知りたい方はこちらから。

[facebook]
仕事のこと、家族のこと、趣味のことなど。

[facebook Page]
現在進行中のプロジェクトの最新情報はこちらから。




by miaaablog | 2016-11-07 07:44 | news | Trackback | Comments(1)